2017年12月12日 (火)

12月13日(水)植木団地裁判判決闘争に総結集しよう

植木団地追い出し絶対反対!高槻市弾劾!
判決闘争に集まろう

□12月13日(水)午後3時~ 大阪地裁202大法廷

*1午後2時半から裁判所別館前で傍聴券の抽選があります。2時半には結集して下さい。

Pb233784_1024x768

植木団地闘争勝利3周年集会で、闘いの旗を立て続けると宣言!

11月23日、植木団地闘争勝利3周年集会を植木団地で開催し、今後も団結を守り、闘いの旗を立て続けると、意気高くを宣言しました。地域の労働者住民、労働組合など112人が結集し、労働者階級の団結でともに勝利を切り開く決意が口々に語られました。
 12月13日は、高槻市による、植木・園芸労働者の就労の場である植木団地からの追い出しをめぐる大阪地裁での一審判決の日です。判決を前にして、この3年間、激しい切り崩しや弾圧をはね返して自主管理闘争をやりぬき団結を守りぬいてきたことで、判決を前にあらかじめ勝利していることを確認しました。 全国水平同盟高槻支部の本格的建設を軸とする植木団地闘争の新たな展望を示す決定的な集会となりました。

全国水平同盟高槻支部は、支部を本格的に建設すると表明!

 

Pb234133_1024x925

集会の連帯挨拶で、植木団地闘争の当初から結びついてきた関西生コン支部、港合同、動労千葉が、植木団地闘争への熱い思いを語りました。関西―全国の国鉄闘争陣形との団結こそ、植木団地闘争勝利の原動力です。
 植木団地労働組合・全国水平同盟高槻支部の代表は、「勝ち負けを頭に置いていない。判決はあくまで通過点。闘いの旗を立て続けるかどうかが問われている。労働者階級として闘ってきたが、追い出しこそが差別だとつかんだ」と述べ、高槻支部を本格的に建設すると力強く表明しました。また、植木団地の組合員、家族は、口々に労働者階級として闘ってきた誇りを語りました。

全国水平同盟は狭山闘争ー部落解放運動の主流派として闘う

Pb234149_1024x768_2

全国水平同盟から西郡支部、崇仁・東三条支部、東京・杉並支部が、植木団地と共に、地域住民からすべてを奪う「命より金もうけ」の新自由主義による更地化攻撃に対する怒りを束ね、狭山闘争―部落解放運動の主流派として闘うと決意を述べました。
 集会後のデモ行進では、富寿栄団地の住民が部屋の前やベランダから温かい声援を送りました。また、11・23闘争の宣伝カーに、北摂地区の解放住宅で住民がかけより、「いつもビラを見ている。植木団地の闘いを支持している」と声をかけてきました。 全国水平同盟の力強い登場、高槻支部の本格的建設は待ったないです。

改憲・戦争絶対反対の「団結の砦」として闘う!

植木団地闘争は、労働者階級の「団結の砦」としてそびたっています。地域の高槻医療福祉労働組合、大阪北部ユニオン、婦人民主クラブ全国協大阪北摂支部は、ともに、地域住民全体を組織するために闘う決意を述べました。朝鮮半島への核戦争の危機が切迫している今こそ、改憲・戦争絶対反対の砦として分断を打ち破り、団結して闘いましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

12月13日(水)植木団地裁判判決闘争

12月13日(水)植木団地裁判判決闘争に総結集しよう

午後3時大阪地裁202大法廷

171__1_725x1024

171__2_725x1024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

12月10日西郡住民訴訟決起集会

民営化・更地化絶対反対!全てを奪い返す住民訴訟に決起しよう

12月10日午後2時 八尾北医療センター待合

20171210__1_724x1024

20171210__2_724x1024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

12月18日(月)東京高裁包囲デモ&要請行動

12・18東京高裁包囲デモ&要請行動に総決起を!

__1_1024x725

__1_1024x725_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月24日 (金)

11月26日(日)京都保育集会

11・26京都保育集会に参加しよう

11月26日午後2時~
京都教育文化センター301号室

171126_565x800

566x800_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

11・23植木団地三周年闘争に総決起しよう

11月23日(木)植木団地に総結集しよう

<植木団地闘争アピール>

植木団地追い出し絶対反対!階級的団結!を掲げた植木団地闘争は、4年目の闘いに突入します。衆院選の結果が示しているように、安倍と小池の改憲・戦争、団結破壊攻撃に対する労働者人民の怒りは根底的です。危機にのたうつ安倍と労働者人民が真っ向から激突する18年階級決戦と一体に、植木団地闘争の4年目をとことん闘いぬく決意です。

 来る12月13日、大阪地裁において植木団地裁判(「植木団地使用不許可決定取消訴訟」と「植木団地明渡等請求訴訟」)の判決が言い渡されますが、裁判所の判決で植木団

P5212250_1024x768

地闘争が決着するものではありません。3年間の植木団地闘争は、勝利の地平を既にこじ開けています。
 何よりも、植木団地闘争が、高槻市による問答無用の植木団地追い出し、部落解放同盟富田支部と一体となった激しい切り崩しと団結破壊をはね返し、小なりといえど団結を堅持し、植木労働者として誇り高く働き、「絶対反対」を貫いていることです。攻撃の核心は、部落差別で労働者を分断し、労働者人民を「あきらめと絶望」させることです。それを打ち破っているのです。
 また、植木団地追い出しは、富田地区再開発・富寿栄住宅更地化攻撃と一体であり、それを切っ先として6000万労働者からすべてを奪う攻撃です。私たちは、自分たちのために闘うだけでなく、ひとつの労働者階級として、労働者階級全体の利益を守るために闘いました。そのように闘ったからこそ、全国水平同盟と結びつき、動労千葉を先頭とする国鉄闘争陣形と結びつき、全国の闘う労働者・労働組合と強固な団結を打ち固めることができました。この団結があったからこそ、明るく元気に3年間闘ってこられたのです。
 さらに、国家権力の部落解放運動潰しに屈服し、利権にすがり、団結破壊の手先に成り下がっている部落解放同盟に取って代わる、労働者の分断を打ち破る新たな部落解放運動として登場しました。今年5月には植木団地現地で、不屈の石川一雄さんと団結して狭山闘争を闘いました。
日本-アジア-世界は、今や一触即発の戦争前夜です。新自由主義が引き起こす戦争を始まる前に止めることができるのは、労働者の国際的団結の力です。「絶対反対と階級的団結の砦」としてそびえ立つ植木団地闘争は、全国-全世界の労働者と団結して戦争を止めるために闘いぬきます。
11・23植木団地闘争勝利三周年闘争に結集し、共に闘いましょう。
 (写真は、5月21日植木団地で闘われた全関西狭山集会)
 
名 称  植木団地闘争勝利三周年闘争 
と き  11月23日(木・休)13時 
ところ  植木団地(高槻市川添1丁目18-1) 
主 催  植木団地労働組合・全国水平同盟高槻支部 
※ 集会終了後、富寿栄住宅までデモ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日)

京大弾圧を粉砕!

不当弾圧粉砕し、京大生二名奪還

5c98bff20075b7454fa86278b96601ff__1

5c98bff20075b7454fa86278b96601ff__3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

京大生二名の不当逮捕弾劾!

京都大学全学自治会同学会安田副委員長、阿津書記長の不当逮捕を弾劾する!京都府警は直ちに釈放せよ!

11月8日京都地裁包囲デモ&勾留理由開示公判に決起しました

Pb083243_640x480

Pb083244_640x480

Pb083283_640x480

Pb083340_640x480

Pb083370_640x480

Pb083390_640x480
勾留理由開示公判の後の総括集会

全学自治会同学会の抗議声明を掲載します(クリックすると同学会ブログに飛びます)

京大2名逮捕に対する緊急弾劾声明

安田副委員長・阿津書記長への不当逮捕を弾劾します!

京都大学全学自治会同学会中央執行委員長 作部羊平

...

 10月31日、京都府警によって安田淳敏・同学会副委員長、阿津良典・同学会書記長の2人の仲間が不当逮捕されました。徹底弾劾します!


 安田くんは8月9日の京都大学オープンキャンパスにおいて、「警備中の職員の首を押さえつけるなどした」とされ、公務執行妨害で逮捕されました。この「警備」であり「公務」とは、今年7月25日に反戦ストライキに関連して退学処分となった4名に対して職員が無断撮影・ビラまき妨害を行っていたことを指しています。
 反戦運動への処分に抗議してビラをまくこと、職員の一方的な監視・言論封鎖に抗議することの何が悪いのでしょうか。
さらに京都大学はこの件についてすでに懲戒処分に向けた特別委員会を立ち上げおり、今回の逮捕は一事不再理の原則に反する二重処罰に他なりません。


 阿津くんは8月10日の京都大学オープンキャンパスにおいて、「看板の撤去をしていた職員を蹴りつけた」とされ、公務執行妨害で逮捕されました。この「公務」とは、京都大学の営業活動であるオープンキャンパスに際し、大学を批判する立て看板を一斉撤去したことを指しています。
 学生が看板を出して主張することの何が悪いのでしょうか。看板撤去という、大学への批判を封殺する「公務」こそが不当であり、抵抗されて当然の行為です。


 一連の「事件」において、京大職員はわざと後ろに転んだり、「痛いじゃないか」と叫ぶなど、「暴行」の演出に努めました。今回の罪状が「傷害」でないことを見ても、いわゆる言いがかりの「転び公妨」であることは間違いありません。


 現在、京都大学では自治活動に対する弾圧が強まっています。反戦運動に対する退学処分、退学処分者含む12名への「学外者立ち入り禁止」通告、学内集会に対する大量の機動隊の配置、度重なる立て看板の撤去、学生への無断撮影、抗議する学生への新たな処分に向けた調査……。これらはすべて、京大生による話し合い要求を無視して強行されてきました。
 「事件」の目撃者は職員だけであり、逮捕は京都大学の通報がないと実現しません。一方的な規制や監視・処分を「公務」、抗議することを「公務執行妨害」と言い張って、暴力的に批判を抑え込むということです。学生・教職員の話し合いに基づく大学の自治を真っ向から否定する暴挙です。


 2人は、京都大学が米軍マネーをもらって軍事研究を行っていること、政府が軍産学共同研究という形で大学を戦争に動員しようとしていることに対して抗議活動を行ってきた学生です。今回の逮捕は、安保関連法の成立、日米韓同盟の強化と軍事演習の激化、北朝鮮への経済制裁強化など、朝鮮戦争に向けた準備が着々と整い、緊張が高まる中での治安弾圧です。
 さらに今回の逮捕を前後して、京大当局と警察は「中核派の活動」であると殊更に強調し、キャンペーンを張っています。共謀罪の発動に向けた思想弾圧であり、戦時下体制の構築を狙うものです。

 以上の観点から、2人への逮捕は京都大学・京都府警による不当な弾圧だと考えます。大学の自治を解体し、戦争に向かう攻撃です。「かつて来た道」を再び歩もうとする暴挙を許すことはできません。
 京都府警はただちに安田くん、阿津くんの2人を釈放せよ!
京都大学は一方的な規制や監視・処分を取りやめ、学生と話し合え!
 全国・全世界のみなさん、2人の仲間を取り戻すために力を貸してください! 京都大学・警察への弾劾メッセージや救援カンパのご支援よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

寺尾判決東京-関西-広島の狭山集会に参加しよう

10・31寺尾判決43カ年糾弾! 狭山第3次再審闘争勝利! 狭山集会


●東京
 10月28日(土)午後6時30分
 全水道会館(文京区本郷1―4―1、JR水道橋駅東口1分)
 主催・部落解放東日本共闘会議、全国水平同盟杉並支部
●広島
 10月29日(日)午後2時
 いきいきプラザ(広島市西地域交流センター、西区福島町1―19―12)
 主催・部落解放広島共闘会議
●関西
 10月31日(火)午後7時
 八尾市・西郡第3集会所
 主催・全国水平同盟、八尾北医療センター労働組合、関西労働組合交流センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

全国水平同盟は衆議院選挙東京8地区(杉並)で立候補している斎藤いくま候補を推薦します

杉並から革命を起こそう!斎藤いくま全学連委員長を国会へ送りだそう!

この国に革命を。  生きる誇り、とりもどそう

斎藤いくま全学連委員長は訴えます (クリックすると全学連ホームページに飛びます)

1. 朝鮮戦争反対! 改憲阻止!
2. 非正規職撤廃!「働き方改革」は貧困・過労死の拡大
3. 消費税廃止! 悪平等の税制をやめるべき
4. 築地の豊洲移転反対! 食の安全を守ろう
5. 全ての原発いますぐなくせ! 福島帰還強制と被曝労働に反対
6. オリンピック返上! 利権の祭典はいらない
7.「命よりカネもうけ」の保育民営化反対!
8.「大学の軍事研究」反対! 教育をカネもうけの道具にするな
9. 共謀罪廃止! 公安警察解体!
10. 新しい労働者の政党を。安倍と小池を監獄へ!

斎藤いくま候補の訴えを聞こう。「前進チャンネル」を見よう (クリックすると「前進チャンネル」が見れます

全国水平同盟は、今回の衆議院選挙・東京8地区(杉並区)で立候補している斎藤いくま候補を推薦し、ともに闘います。


「今選挙戦は、安倍を倒し戦争と改憲を阻止する選挙です。すでに命脈が尽きた新自由主義を倒し、団結、共同して生きる労働者の権力を打ち立てる闘いそのものです。国鉄闘争を軸に労働運動の変革を実現しよう。労働法制改悪阻止、改憲阻止へストライキでたたかう労働組合と学生自治会を作りだそう。それを実現する新しい労働者政党を作り出そう。それは可能だ、私たち全国水平同盟は、ともに革命を訴えて闘いぬきます。斉藤候補と一体となって1千万人と結びつつき、衆院選勝利、11・5労働者集会の大結集へ全力で総決起します。」

10月15日阿佐ヶ谷デモに、全国水平同盟西郡支部・杉並支部、八尾北医療センター労働組合は参加し、杉並区民に斎藤候補を呼びかけました。

Dsc00730_800x600

Dsc00770_800x600

Dsc00749_800x600_2

Dsc00793_800x600_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«三里塚全国集会に集まろう