トップページ | 全国連第17回大会に対する西郡支部の態度声明 »

2008年10月12日 (日)

西郡支部破壊に全力をあげる全国連本部を弾劾する

応能応益家賃制度絶対反対をなげすて、 国(大企業)、行政に屈し、西郡支部破壊に全力をあげる全国連本部をゆるさない

部落解放同盟全国連西郡支部


応能応益家賃制度でムラはずたずたにされていっている                 


○ 応能応益家賃制度で家賃を払えなくなった人がたくさんでてきています。
○ 世帯収入で家賃が決まるので一緒に若者が住めない。家族がばらばらになっています。高い家賃を払うならと、若者がムラからでていっています。
○ 高齢者が取り残され、ムラの助け合い、団結が破壊されていっています。
○ 建て替えた後、空いた土地にコーポラティブ住宅を建て、買わせる運動を解同本部派(吉村派)が八尾市と結託してすすめています。

住民殺しの応能応益応益賃制度は廃止せよ                                                      

応能応益家賃制度とは、住宅の民営化を進めるための制度です。国、行政、大資本が貧しい者からも家賃を搾り取り、大資本の金目当てにする制度です。 民主党の田中市長は橋下と同じです。財政再建の名のもとに家賃滞納6ヶ月で、家賃を払いたくとも払えない人を、なんと八尾市は、議会にもかけず、市長の独断で裁判にかけ、払えなければ追い出す。市営住宅をドンドン減らし、民営化を推し進める、と言っています。銀行がつぶれそうになったら何兆円もの金をつぎ込むが、私たち労働者や市民は死んでもかまわないということなのです。西郡のムラはつぶしてしまえということなのです。絶対反対、廃止以外にありません。

こんな悪法は絶対反対、ムラの団結、労働者との団結でうち砕いていこう

私たち西郡支部は、こんな悪法につぶされてたまるか。ウソとだましと差別と脅しの八尾市こそ裁いてやる。給料や年金の差し押さえ、住宅の明け渡しという弾圧にも、怒りにふるえながらも、負けてたまるか!これこそが応能応益家賃制度の本性なのだ、絶対反対の団結でうち砕いてやる。私たちのこの怒りは必ず全国のきょうだい、労働者に伝わると信じて闘ってきました。
八尾市は、6名の給料差し押さえ、住宅の明け渡しという弾圧でも供託者をつぶせなかった。追い詰められた八尾市は、今年2月18日供託者の預金通帳の差し押さえに出てきました。しかしこの弾圧にたいし、2月24日、全国から労働者が、わがことのように駆けつけてくれ、共に闘う団結を誓い合い、団結を拡大することに勝利したのです。
  今度は私たちが八尾市や国を裁く、反撃のたたかいにうってでるときです。

水平社の精神投げ捨て、弾圧に屈服し国や行政に頭を下げる全国連本部

今年1月、全国連拡大中央執行委員会の会議で住宅闘争をどう闘っていくのかの論議がありました。西郡支部は、国や、行政とは非和解だ、絶対反対で供託をつらぬくで闘うのが勝利の道だ、奈良の分納路線では白旗をあげたことになるのではないかと意見を出しました。分納とは絶対反対で闘う供託を降ろす屈服路線です。行政がふっかけてきた金額を何回かに分けて払わされ、それは子や孫の代にまで押しつけられるのだ。それに対し本部はまともな論議を組織せず、「白旗とは奈良を侮辱している」といって西郡の意見を封じたのです。
また、広島事件という闘う内部の路線の論議を差別問題にねじ曲げていくのはおかしい、路線論議は路線論議としてやるべき、差別糾弾闘争は国や資本にたいしてやるものだと意見しました。しかしこの意見も論議されず、一部の幹部の結論ありきのやり方で、強行されたのです。
私たちの団結の力を信じられない全国連本部は、国や、行政、大資本と闘うのではなく、弾圧を受けたらたいへんだからもう少し弾圧をゆるめて下さい、と敵にお願いする奴隷根性まるだしで、奴隷頭のように、生活できるだけの分納の条件を勝ち取ったといって、みんなの怒りを押さえつける側に回っているのだ。解同本部派(西郡の吉村派)とたいしてかわらない腐敗の道を歩み始めたのだ。
2月24日、八尾市の弾圧に西郡支部が全力で立ち上がっているとき、誰一人として駆けつけようとはしなかった。6月15日の支部大会にも破壊の策動を何度も繰り返してきた。ふざけるのもいいかげんにしろ!

絶対反対の団結で、腐りきった社会をうち倒そう

今、国や行政、大資本の飽くなき利潤追求の政治は恐慌を起こし、崩れていっている。黙っていたら、国や大資本は生き延びるために、さらなる犠牲をわたしたちに押しつけてくる。だが、絶対反対で団結して闘いにたちあがれば、こんな制度はぶっつぶせる。こんな社会はぶったおすことができる。
西郡のみなさん!闘いはいよいよ生きるか死ぬかの決戦に突入しました。全国のきょうだい、全国の労働者と共に立ち上がろう!私たちの手で真の解放運動をつくりだし未来を切り開こう。

11月2日、生きさせろ!民営化絶対反対!
全国労働者集会に大結集しよう。                  
2008年9月24日

|

トップページ | 全国連第17回大会に対する西郡支部の態度声明 »

部落解放闘争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1072969/24456888

この記事へのトラックバック一覧です: 西郡支部破壊に全力をあげる全国連本部を弾劾する:

トップページ | 全国連第17回大会に対する西郡支部の態度声明 »