« 7・10裁判-7・12西郡支部大会に参加しよう | トップページ | 7.12西郡支部大会 »

2009年7月12日 (日)

西郡支部青年部からの訴え

青年部機関紙「スピリット3号」を掲載します

道州制粉砕!資本主義をぶっとばそう!
7.12全国連西郡支部大会に参加しよう

青年労働者は、明日の全国連西郡支部大会にみんなきてほしい。
 いよいよ道州制との闘いが全社会で始まる。資本家たちは「景気が底を打った」なんて僕たちをだまくらかそうとしているが、でたらめだ。底はまったく見えない。アメリカそのものだったGM(ジェネラルモーターズ)まで破綻して、これから「大失業」と戦争の攻撃が本格化する。
 麻生政権はもうひん死の状態だ。橋下が「道州制」をガンガン叫んでマスコミに登場している。
 ふざけるな! 民営化ですべてがよくなるかのように言って、恐慌で破綻したのが資本家や麻生じゃないか。労働者を食わせていくこともできない。もう資本主義は終わってる。居直ってさらに新自由主義攻撃を極限までおしすすめ、公務員360万人の首を切って「半分の人員で倍働く者だけ」雇う、これが道州制だ。
 八尾市・田中市長は「市長マニフェストにおける基本姿勢」の第一に、「行政は最大のサービス産業」と打ち出した。住民の福祉や最低限の生活の保障など一切責任をとらない、「サービス産業」=儲けが第一と宣言した。住宅も指定管理者制度(民営化だ)で資本と地区協に売り渡す。さらに第二に、「最小の経費で最大の効果をあげる」と、徹底した賃下げと労働強化、非正規職化で搾りとろうとしている。部落だけじゃなくすべての労働者が生きられなくなる。道州制との闘いにたちあがろう。
 こんなもの労働者の反撃がないことを前提にした絵空事だ。労働組合を今こそ甦らせよう!道州制と闘わない労働組合幹部なんかぶっとばそう!労働者の首を勝手に資本家に差し出すな!
 民営化の手先・地区協、全国連本部粉砕! ニセの「全国連西郡支部青年部」を名乗って団結破壊を狙う吉岡剛志と全国連本部を絶対許さない。
 八尾北労組のストライキと実力闘争で2・26道州制粉砕を闘った全国連西郡支部とともに、闘おう。青年部はその先頭に立つ。


<集会要項>

部落解放同盟全国連西郡支部第四回支部大会

と き 7月12日午後1時
ところ 桂人権コミュニティセンター

四時から八尾北医療センター待合で交流会を行います。

|

« 7・10裁判-7・12西郡支部大会に参加しよう | トップページ | 7.12西郡支部大会 »

過去のビラの掲載」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1072969/30507010

この記事へのトラックバック一覧です: 西郡支部青年部からの訴え:

« 7・10裁判-7・12西郡支部大会に参加しよう | トップページ | 7.12西郡支部大会 »