« スケジュール | トップページ | 八尾北労組とともに八尾北民営化阻止決戦へ »

2009年9月13日 (日)

住宅の民営化と追い出しのためのアンケート拒否しよう

住宅の民営化と追い出しのためのアンケート弾劾

民営化推進のための9.13タウンミーティング粉砕!

八尾市は、だれが委員なのかを隠して「公営住宅のあり方検討会」を立ち上げた。住宅を民営化し、地区協を指定管理者にして、住民の追い出しと住宅の売り飛ばしを決めるためです。すでに八尾市の手先となった地区協が、『市営住宅入居者に対する意識調査』アンケートを配り回収している。断じて許すことはできません。

追い出しのための実態調査拒否しよう

 アンケートは、八尾市が、世帯の収入、家族の信条と状況をつかみ、追い出しの資料とする実態調査です。八尾市は「三年に一度に畳替え」の約束を踏みにじった。今回も、改修の気もさらさらないくせに、「改修」の希望を聞き、あとで「ここはあなたの住むところではありません」と追い出そうとしているのです。ふざけるな、これまでに十年間で住民を千人も追い出しておいて、何がまちづくりだ!

追い出しと団結破壊の地区協許すな

 「見返り」で応能応益家賃制度に賛成した地区協は、民営化の利権に飛びつき、今度も住民を裏切って団結破壊で住民を追い出そうとしている。ふざけるな、「地区協なんかに西郡を勝手にさせないぞ」!

これが道州制だ

 泉佐野市では、財政危機だからと小学校をつぶして土地をゼネコンに売り払い、市の職員700人のうち200人を解雇、市立病院を独立行政法人化し、600人全員を解雇する計画です。
 田中市長も同じだ。「公共サービスは行政だけで担うべきではない」といって、企業・資本家が儲かるまちづくりをやっている。保育所や八尾北医療センター、何でも民営化し、市職員の首を切り、市営住宅の土地を売り払う、これこそ道州制です。

労働者の闘いが始まった

 こんなもの誰が許すか。労働者が団結して立ち上がれば必ず粉砕することができる。そのことを国鉄民営化と真っ向から闘い勝利してきた動労千葉の闘いが示しています。西郡でも、ストライキで決起した八尾北労組を軸にした2.26闘争で始まっています。
 8月の自治労大会では、道州制を推進する本部に対して、現場の青年労働者から相次いで弾劾の意見がたたきつけられました。JR当局を追いつめる国鉄1047名解雇撤回の闘いが全国の賃下げ・解雇と闘う労働者の闘いと結びつき始めている。
 すでに労働者の怒りで自民党支配は打倒された。八尾北労組と団結し、八尾北民営化絶対反対を闘おう。西郡にも国鉄、教育、自治体、郵政四大産別で働く労働者がたくさんいます。みなさん、全国連西郡支部に結集しよう。闘う労働組合を蘇らせ、11月労働者総決起集会に行こう!(09年9月12日発行)

|

« スケジュール | トップページ | 八尾北労組とともに八尾北民営化阻止決戦へ »

過去のビラの掲載」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1072969/31350414

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅の民営化と追い出しのためのアンケート拒否しよう:

« スケジュール | トップページ | 八尾北労組とともに八尾北民営化阻止決戦へ »