« 11月労働者集会に総決起しよう | トップページ | 10.31関西狭山集会大成功! »

2009年10月30日 (金)

10.31全関西狭山集会に参加しよう

■寺尾差別判決35カ年糾弾!労働者の団結で狭山第三次再審をかちとろう!
■国鉄1047名解雇撤回!道州制粉砕!
■八尾北医療センター民営化粉砕!西郡住宅闘争勝利!
■一切を11月労働者集会1万人結集へ!


10・31全関西狭山集会に参加しよう

■ 10月31日午後2時~   
  八尾北医療センター待合室


狭山事件の犯人にデッチあげられた無実の部落民・石川一雄さんに、東京高裁寺尾裁判長が無期懲役判決を下した1974年10月31日から35年になります。
石川一雄さんは「狭山事件は冤罪であり、明確な権力の差別犯罪として徹底糾弾の貫徹を通して無実の罪を晴らしていく」固い決意を述べています。
 これに応える情勢こそ、私たち労働者の怒りで50年以上続いてきた自民党支配を打ち倒した8・30情勢です。
 資本主義は労働者を団結させまいと部落差別を持ち込んで分断し、人間性・共同性を奪ってきました。職場で資本と非和解で闘い、労働者の誇りをよみがえらせ、労働者階級の団結と革命で奪われてきた全てを奪還する、待ちに待ったその時がきたのです。
 自公政権に代わって登場した民主党・連合=鳩山政権は、労働者の怒りが革命へ向かうことを阻止するための政権です。その下で、今、裁判所と弁護側、検察側の三者協議を使って、狭山闘争を解体破壊する動きが強まっています。
 解放同盟(吉村)や全国連本部(吉岡)は「30年ぶりのチャンス」と、三者協に全てを委ねる路線です。しかし、それで、石川さんの権力への非和解な怒りと信念をへし折ったり、「石川の命 我が命」と共に闘ってきた労働組合、労働者の膨大な狭山勢力を一掃して体制擁護にねじ曲げることなど絶対できません。
 こうした動きの中で、「八尾北つぶし」の大攻撃が襲いかかってきています。
 開設以来27年、とりわけ自主運営のこの5年間、医師・看護師・ヘルパーなど労働者と、患者・地域住民はその団結した力をよりどころに立派に医療と介護をやりぬいてきました。労働者は団結したらできます。だからつぶれなかったんです。土地建物を売りとばし、平気で地域住民の命と健康を破壊する八尾市と田中市長には、かけらの正義性もありません。
 11月1日、「国鉄1047名解雇撤回!」を柱に、世界の労働者と日比谷野音に集まろう。一万の団結で、狭山第三次再審・八尾北民営化絶対反対の勝利を切り開こう。

主催/部落解放同盟全国連西郡支部/八尾北医療センター労働組合/関西労働組合交流センター/

|

« 11月労働者集会に総決起しよう | トップページ | 10.31関西狭山集会大成功! »

狭山闘争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1072969/32005154

この記事へのトラックバック一覧です: 10.31全関西狭山集会に参加しよう:

« 11月労働者集会に総決起しよう | トップページ | 10.31関西狭山集会大成功! »