« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月20日 (水)

2010年1.16団結旗開き大成功!2010年へ戦闘宣言!

2010年新春団結旗開き、155名が参加!

JR検修全面外注化阻止、民主党・連合政権打倒!八尾北医療センター民営化阻止決戦へ!戦闘宣言発す!

2010年の闘いは、1月8日の明渡裁判から始まりました。田中市長は必死で証人採用から逃げ回り、裁判所はこれと一体になって証人採用を拒否しましたが、私たち被告側が請求した残り6人全員、とりわけ藤木八尾北労組委員長の証人採用をもぎ取る勝利を勝ち取り、2010年の火ぶたを切って落としました。

Dsc03018 この勝利を受け、2010年団結旗びらきは、八尾北医療センター労組、全国連西郡支部、八尾北命と健康を守る会三者共催で、共闘の仲間も全関西から参加し、八尾北医療センター待合室を埋め尽くす155人の結集で大成功しました。決戦の2010年に勝利するぞ!の熱気に溢れ、盛り上がり、団結を固め、意気軒昂と総決起していくことを宣言しました。
 第1部は、共闘団体からの連帯のあいさつから始まりました。関西労組交流センター代表、5.27臨大闘争弾圧被告、自治体で働く青年労動者、関西合同労組東部支部の青年労働者、今年5月の選挙に向かってたたかう国賀祥司泉佐野市議、最後に、年末に法政大学暴処法弾圧を打ち破り保釈を勝ち取った全学連・冨山小太郎君が発言しました。冨山君が登場すると、「よくお帰り」という声が会場からかけられ、われんばかりの拍手がDsc03008巻き起こり、会場全体がひとつになりました。
 基調報告は八尾北医療センター労組・藤木委員長が提起。2010年、資本主義の危機が大恐慌としてますます深まり、「戦争か革命かの時代が到来している」、この情勢のもとで、JR検修全面外注化阻止決戦に総力決起し、参院選を待たずに民主党・連合政権を打ち倒そう。この力で、八尾北民営化阻止へ、「土地建物の鑑定絶対反対」、「売却方針の謝罪Dsc03015・撤回を突きつけ、八尾市を攻めていこう」、「2.28総決起集会(要項別掲)を勝ち取り、3月議会闘争を闘い勝利しよう」と呼びかけ、団結して決戦に立ち向かう路線がうちたてられました。
 行動方針として、国鉄1047名解雇撤回・検修全面外注化阻止2月13日全国労働者総決起集会への決起とこの国鉄決戦と一体となった八尾北民営化阻止2.28総決起集会への決起が呼びかけられました。
 Dsc03029基調報告を受けて、西郡支部岡邨支部長が森本政二さんとともに登壇し発言(後ろに掲載)、つづいて八尾北命と健康を守る会高橋進会長、八尾北労組・末光道正八尾市議が決意表明を行いました。また、2・1ストライキ決起に向かう動労千葉をはじめ全国連杉並支部、品川支部など全国のたたかう仲間から寄せられたメッセージを全体で確認し、第Dsc030461部最後に、岡邨支部長のかけ声で、団結ガンバロウを行い2部に移りました。
 2部は、差し押さえ弾劾裁判を闘う供託者の乾杯の音頭ではじまりまし支部青年部員も参加した「団結太鼓」で旗びらきはますますもりあがっていきました。守る会の寸劇「八尾市による八尾北つぶしは許さんで!」の上演に笑いと怒りが爆発し、ビンゴゲームにみんなで興じ、支部・労組員による手作りのぜんざいなどをいただき、時間を忘れさせる集中した旗開きでした。
 私たちの団結と闘いの大前進に恐怖した全国連本部、解同本部派は、八尾北職員を名乗って、「開催場所と時間が変わりました」など妨害工作を行いましたが、それもさらなる団結の糧に変えて大成功しました。
 早速翌日17日、西郡住宅の練り歩きを行い、国鉄決戦への決起と、八尾北民営化阻止、住宅闘争をともに闘うことを訴え、2・13代々木公園へと闘いの息吹はさらに燃え上がっています。西郡支部は、2.13闘争の闘いの爆発の先頭で闘い、その力で2.28総決起集会の大爆発を、八尾北労組、守る会との団結を軸に勝ち取っていきます。全国の労働者の皆さん、きょうだいのみなさんの総決起を訴えます。

写真上から二つ目:あたたかい歓声で迎えられた冨山小太郎君)、三つ目:基調報告する藤木八尾北労組委員長)、四枚目:岡邨支部長、森本さんが並んで発言)

<2.13全国労働者総決起集会>

  国鉄1047名解雇撤回・検修全面外注化阻止

  2月13日(土)午後1時開始
  東京・代々木公園B地区野外ステージ

 

<2.28闘争要項>

  JR検修全面外注化阻止!民主党・連合政権打倒
  八尾北医療センター民営化阻止決戦勝利

 2.28総決起集会

  2月28日午後2時~
  桂人権コミュニティセンター 


旗びらきでの、全国連西郡支部・岡邨洋支部長の発言

あけまして、おめでとうございます。
 現在、西郡では、応能応益家賃制度で国や行政に屈服した、解放同盟本部派、吉村議員と地区協は、ウソとダマシと脅しで住民を住宅追い出しの手先となっています。
若者は、西郡の村から出で行き、家を買い、ローン地獄へと落とされていっています。
 しかし、森本さんは、八尾市や地区協の住宅追い出しに立ち上がった、2.26の森本さんの強制執行を道州制粉砕の闘いとして、八尾北労組のストライキを中心に全国の労働者に訴えました。
 そして、部落民も労働者として一つの団結で迎え撃ち、圧倒な団結で打ち破りました。
 支部は、2.26の闘いで、反対派が振りまく、「たたかっても勝てない、無駄だ!」とか全国連中央本部の「労働者を差別者、よそ者だ」とかを、このたたかいで、一つの労働者として階級の団結で闘い、叩き、ぶち破りました。「団結に生きる」 労働者階級の団結のすごさをたたかいでつかみ取り確信しました。  ここに真の解放運動の歴史を切り開いたのです。
 このたたかいで、住宅闘争の裁判の中でも、裁判以外でも、絶対反対の供託者の団結と労働者、労働組合一体の団結で、八尾市、田中市長を追いつめ、引きずり出しまた。はじめは、預金や年金の差し押さえでみんな地獄に落とされました、しかし、こんな事が絶対に許さない!負けてたまるか!のたたかいが、ついに八尾市をとらえ追いつめました。八尾市側が出してきた、意見書、陳述書には、「記憶にない」、「些細な内容まで報告を受けることはない」とは何事か、生きるか死ぬかの問題を、このような言い逃れで裁判所にお願いをして証人を逃れようとしています。
 ふざけるな!八尾市の不正義が暴露したのです。
 絶対に逃さない!追いつめ!追いつめ!!我々が裁くたたかいです!!
 また、八尾市・住宅管理課の職員が、ある供託者に対して、3月31日で八尾北医療センターがつぶれるから一日でも早く供託を降りた方がいいとか、供託者には、住宅の修繕は何もするなと言われているとか、供託者の団結をつぶしに来ています。八尾市、自ら墓穴を掘っているのです。
 こんな事で、つぶれる団結ではない!このことから、八尾北と供託者をつぶしておかないとにっちもさあっちもいかないのです。 八尾市・田中市政の破綻した姿か目に浮かびます。
 供託者の団結と八尾北労組の団結で、6,000万労働者と繋がり一体となる労働者階級の団結のたたかいに恐れています。
 絶対反対、非妥協の団結を守り抜き、あらゆる弾圧もはねのけ前進し、たたかつてきました。
 この団結で、八尾市・田中市長を追いつめ、市長に陳述書を引きずり出させ、八尾市をぐらぐらに
しています。私は、団結で凄いことが何でもでる事を体現しました。
 このたたかいこそが、八尾北医療センターの民営化阻止のたたかいで、八尾北労組が中心となり、守る会、支部が一体となって、たたかいの旗を振り、道州制粉砕、民営化阻止の団結を西郡地区、周辺地域、八尾市全土の労働者、労働組合に拡大します。
我々は、たたかったら勝てる時代がきたのです。
 昨年の11月集会で、新自由主義とたたかい抜いてきた動労千葉と国鉄1047名解雇撤回闘争が全世界の労働者のたたかいとなりました。
 今年は、労働者にとって未来を決める、国鉄決戦に決着をつけるたたかいです。2月1日、平成採の若い労働者の獲得めぐってストライキに突入する。もうたたかいが始まっています。
 1~4月、国鉄全面外注化阻止に西郡支部は、総決起でたたかいます。労働者の団結の力を示し、
民主党ー連合政権打倒しましょう!!組織、組織、拡大し、攻めて、攻めていくたたかいです。
 我々が主人公で、革命情勢を握りしめています。
 共に、たたかいましょう!、共に、団結しましょう!共に、勝利しましょう!! 
 西郡支部からの挨拶とします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

新年団結旗開きのご案内

●国鉄1047名解雇撤回!検修全面外注化阻止!
●八尾北医療センター民営化絶対反対!住宅闘争勝利!


        新年団結旗開きのご案内  

                                                             部落解放同盟全国連合会西郡支部
                                           八尾北命と健康を守る会
                                           八尾北医療センター労働組合

 全国のきょうだいの皆さん!ともにたたかう仲間の皆さん!
 大動乱、大激動の2010年の幕が開きました。
 私たちはきたる1月16日(土)夜6時から、八尾北医療センター待合室で、新年団結旗開きを開催します。
 私たちは、1月6日に闘争委員会を開き、09年の闘いで小沢・鳩山=民主党・連合政権-橋下・田中を追いつめてきた勝利感をがっしりうち固めました。そして、今春を国鉄闘争を柱に鳩山政権を打倒する攻めの決戦としてたたかい、全階級の団結の拡大で八尾北決戦と住宅闘争に必ず勝つ!2月28日(日) を2・26一周年の大闘争として打ちぬき、3月決戦に躍り込むことを決めました。
  ご存じの通り、八尾北つぶし(道州制=民営化・労組破壊)を許さない12月闘争は、八尾北労組先頭とする「売りとばしのための鑑定絶対反対!八尾市こそ契約違反だ!」の正義と団結が、八尾市を圧倒的に打ちのめし追いつめました。
 この勝利の上で、私たちは、本日(1月8日)、住宅明け渡し弾圧裁判闘争を闘いぬきました。冒頭から岡邨洋西郡支部長が怒りあふれる意見陳述をもぎ取り、追いつめられた大阪地裁は、必死で田中市長の証人採用を阻止したものの、他の橋本元八尾市建築長や藤木好枝八尾北労組委員長をはじめ6名全員を証人として採用せざるをえませんでした。私たちの怒りと団結はさらに燃え上がっています。
 詳しいご報告も旗開きの中でさせて頂きたく、たいへんお忙しい中と思いますが、ぜひともご出席いただけますようご案内申し上げます。また、メッセージを送って頂けましたらこんなに嬉しいことはありません。どうかよろしくお願いします。

◆日時  1月16日(土)夜6時
◆場所  八尾北医療センター待合室
◆メッセージなど連絡先
     八尾市桂町6-18-20 全国連西郡支部 
      八尾市桂町6-18-1  八尾北医療センター労働組合

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

1・8住宅明渡弾劾裁判に参加し、法廷を怒りで埋め尽くそう

八尾北民営化絶対反対・売却絶対反対の闘いに勝利し、住宅闘争に勝利しよう

1.8明渡裁判  法廷を怒りで埋め尽くそう


1・16団結旗開きに参加しよう

Dsc_0171  
Cimg0349
Dsc02782

Dsc02757_2                                     

 



 明けましておめでとうございます
 供託者の絶対反対のたたかいと全国の闘う仲間の団結で、ついに八尾市田中市長を裁判にひきづり出しました。田中市長は追いつめられ、陳述書を書かざる得なくなった。そのなかで、「200名ほどいた供託者が減ったから当時の対応は正しかったと信じております」との自分の不正義をごまかそうとしている。しかし年金を差し押さえられようが、ほうがいな近傍同種家賃をふっかけられようが、やくざまがいの脅しをかけられようが、家賃を供託し絶対反対を闘う供託者と西郡支部に追いつめられ、恐れているのだ。だから「八尾市長田中誠太」の名前で、給料の差し押さえ、住宅追い出しをやっておきながら「地方公共団体の長は逐一仔細な内容まで報告を受けることがないのは自明のことである」など責任逃れを行い、「法廷に証人として出さないで下さい」と裁判所にお願いする始末だ。ふざけるな!「記憶にありません」とはいつも悪事を行った政治家の言う言葉だ。こんな無責任で、腐りきった田中市長をゆるすな!法廷を怒りで埋め尽くそう。供託者と団結して田中市政を打ち倒そう!

労働者階級が勝利する時代切り開いた

 昨年8月30日、労働者階級は世界大恐慌の爆発と、新自由主義攻撃(労働組合をつぶし民営化と規制緩和による徹底した労働者への搾取と労働強化、首切り攻撃)にたいして、積年の怒りを爆発させ自民党政権を打倒しました。首を切り、住宅を追い出し労働者を生きさせられない資本主義を打倒する労働者の闘いが始まったのです。国鉄分割・民営化から始まる新自由主義攻撃に資本と非和解で絶対反対の団結とストライキで闘いぬいてきた動労千葉と、国鉄1047名解雇撤回の闘い、そして私たちの11年間にわたる住宅民営化絶対反対の闘いこそが、6千万労働者を獲得し、資本主義を打ち倒し、全てを奪い返していく勝利の道であることを指し示しました。

 労働組合と団結し、部落解放を実現す る新しい解放運動を切り開いた

 昨年私たちは、森本さんへの住宅追い出しの強制執行を民営化攻撃をうち破る闘いとして八尾北労組のストライキと一体となって闘い抜いた。この闘いで森本さんは「われわれは勝った!労働者の団結に生きる」と誇り高く宣言した。
 部落の中からものを見て、部落民だけの利益を要求する運動では差別は無くならない。差別が資本による労働者の分断支配にあり、資本主義を打ち倒す闘いの中で労働者として一つの団結を闘いとるのです。資本と非和解に闘う労働者の団結の中で差別もうち破れることをつかみ取ったのです。
 これに敵対して、権力側について「闘っても負けると」八尾市や国の手先になったのが、解放同盟本部派や、全国連中央本部です。こんな奴らは打倒して真の解放運動を切り開こう。
  今年は、八尾北民営化絶対反対の闘いを八尾北労組と団結して闘い抜き、6千万労働者へを団結を拡大し勝利しよう。

<スケジュール>

■ 住宅明渡弾劾裁判

     1月8日(金)10時~ 大阪地裁808法廷
    8時半八尾北出発、9時半から大阪地裁北門前で集会します。

■ 合同団結旗開き

   1月16日(土)よる6時~ 八尾北医療センター待合室
    



写真)左から①2.26森本さん強制執行弾劾闘争②10.31狭山闘争③12.3八尾市議会抗議闘争④田中市長は抗議闘争を恐れ職員を動員して市役所を閉鎖

(2010年1月7日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

闘春

闘春

Dsc_0171_2
P1020805_2








新年明けましておめでとうございます

西郡住宅闘争勝利!狭山再審闘争勝利!
八尾北医療センター民営化絶対反対!

絶対反対の非和解で団結し、組織拡大、
全てを奪い返すぞ!

今年もよろしくお願いします
2010年元旦

明け渡し弾劾裁判

□1月8日(金)午前10時~  大阪地裁808法廷
     9時半から大阪地裁北門付近で集会を行います。ご参加下さい。

新春団結旗開き

□ と き 2010年1月16日(土)6時~
□ ところ 八尾北医療センター待合室
□ 主  催 全国連西郡支部/八尾北医療センター労組/八尾北命と健康を守る会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »