« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

1.30総決起集会に集まろう

住宅追い出しを許さない!1.28不当判決弾劾!
1.30八尾北医療センターに集まろう!
 

不当判決を絶対に許さない!
 1月28日、辻西さん・田中さん・岡邨さん3人への住宅明け渡し弾劾裁判の判決公判が大阪地裁大法廷で開かれ、3人を先頭に全国連西郡支部・八尾北医療センター労組・八尾北命と健康を守る会、東京から全国連杉並支部・品川支部、関西労組交流センターなど闘う仲間130名が大結集した。八尾北労組はこの日、午前休診で労組・職員が根こそぎ決起した。
 応能応益家賃制度の破綻と私たちの闘いの正義性は、2年半の裁判をとおして完全にはっきりした。田中健治裁判長は、応能応益ぜったい反対の団結に追いつめられ、3人に対し「明け渡せ」と許せない反動判決を強行した。この暴挙をてってい弾劾する。

Dsc05298

Rimg0075

 「不当判決だ! こんな判決を認められるか!」3人の怒りと傍聴席を埋め尽くす仲間たちの怒りが爆発した。八尾市側は私達の怒りを恐れて誰も来ることができなかった。八尾市を

Dsc05317

勝たせるためだけに判決を書いた裁判官は慌てて逃げ去った。

Dsc05408

Dsc05379

Dsc05398

P1070031

 裁判所と八尾市よ! 勝利したのは私たちだ。差別分断を打ち破り、住宅追い出しと八尾北医療センター明け渡し攻撃を一体として捉え、八尾北労組は総決起した。1・28は新しい闘いの出発だ。八尾市800事業民営化粉砕の突撃路は切り開かれた。団結の力で必ず勝利するぞ。私たちの怒りと団結を示そう。1・30総決起集会に集まろう。          

不当判決弾劾・住宅闘争勝利!
八尾北民営化阻止! 4月市議選勝利!
1.30総決起集会

ひる1時 八尾北医療センター待合室

<写真>上から
①発言する裁判当該の辻西全国連西郡支部書記長「新しい闘いに入った。いっそう力を大きくして前へ進む」
②「団結の力で勝利するぞ!住宅追い出しを許さないぞ!」左から田中由加さん、岡邨支部長、藤木委員長
③判決闘争の先頭で闘った末光道正八尾市議・八尾北医療センター労組特別執行委員
④裁判所を一周するデモ隊
⑤「住宅追い出しも八尾北明け渡しも一緒の攻撃だ」八尾北医療センター労組は午前の診療を休診にし、根こそぎ総決起した。
⑤不当判決弾劾!裁判所を包囲して進むデモ隊
⑥弁護士会館での「不当判決弾劾!報告集会」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

1.28住宅明け渡し弾劾裁判判決闘争に決起しよう

西郡住民3人とその家族、西郡住民の闘いと一つになって1.28明け渡し弾劾裁判に総決起しよう!
午前診療を休診にし、根こそぎ総決起する八尾北労組のに続き、総決起しよう!

__1

__2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

1.28住宅明渡弾劾裁判判決闘争に総決起決起しよう

<スケジュール>

□ 住宅明け渡し弾劾裁判判決闘争

    1月28日(金)11時 大阪地裁202大法廷

               10時半 裁判所北門付近で打ち合わせ

      判決後   11時半集会→11時50分裁判所包囲デモ

             12時半  弁護士会館904号室で集会

□ 西郡住宅闘争勝利!八尾北医療センター明け渡し絶対阻止!4月八尾市議選必勝 総決起集会

   1月30日(日)午後1時~  八尾北医療センター待合室

□ 貯金・年金差押え弾劾裁判控訴審判決闘争

   2月10日(木)午後3時大阪高裁 202号大法廷

     判決後  弁護士会館 904号室で集会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1.28明渡裁判判決闘争に診療所を休診にして八尾北労組総決起

1・28住宅明け渡し弾劾裁判判決闘争に総決起しよう!

「反動判決が出てもそれで終わりじゃない。みんなが一緒に決起してくれる。新しい闘いの始まりだ」(辻西幸子・西郡支部書記長)

辻西・岡邨・田中さんら三人の仲間の不屈の闘いに応え、八尾北労組は、八尾北医療センターの午前の診療を休診にして、行ける人は全員総決起総決起を決定。

全てのみなさん、全力で1.28住宅明渡弾劾裁判判決闘争に総決起しよう。1.30総決起集会にともに立ち上がろう

110124

Photo

診療所の玄関を入って直ぐの待合室に張り出された休診のおしらせ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

1.15団結旗びらきに参加しよう

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

西郡支部青年部からの新年のアピール

新年のあいさつ 

                全国連西郡支部青年部・青年部長 佃 文弘

  新年明けましておめでとうございます。
 昨年は、住宅闘争、住宅基金など、いろいろお世話にりありがとうございした。昨年の差し押さえ裁判を通して私は、最後までやり抜いたと言う年になりました。もちろんこの裁判闘争は一人では出来ません。

Dsc04673

 私の後ろには、支えて下さった家族や労働者の仲間がたくさんいたからだと考えます。すばらしい仲間です。ここ数年で「労働者が生き残るのか(団地に住み続ける)」、「国、資本家が生き残るのか(団地に住み続けれない)」が問われる時代が来ます。労働者を信じ、労働者と生きていく旗を立て、西郡の青年、全国の青年に呼びかけ2011年、青年が青年部に集まり、青年が置かれている状況を考え、つかみ取り、未来を切り開くいていく青年として、青年自身が主体の青年部活動を推し進めていきたいと思っています。
 今年もよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

年頭のアピール

2011年 年頭のアピール

                    部落解放同盟全国連合会西郡支部支部長 岡邨 洋

西郡住宅闘争勝利!狭山再審闘争勝利!
八尾北医療センター民営化絶対反対!
4月八尾市議選勝利・末光議員の再選を勝ちとるぞ!
絶対反対の非和解で団結し、組織拡大、全てを奪い返すぞ!

 

Photo_2

新年明けましておめでとうございます。
  昨年は、皆様の支援、連帯で西郡住宅闘争が、労働者階級の課題になり労働者とひとつの団結で乗り越えてきました。また、住宅支援基金に多くの方々の支援、応援を頂き誠にありがとうございます。
 私たち西郡住宅裁判を通して本当にこの世の中がよくわかりました。金儲けむき出しの社会であり、儲けのために今では、国や地方公共団体の公的な部門を大企業=資本に売り渡し、民営化・外注化、合理化にしてしまい、金儲けのために安全性が失われています。
  国は、民営化・外注化で大企業=資本の救済を推し進める為に、職場に差別を使って労働者に分断を持ち込み、働く者の声「生きさせろ!」を封じ込めています。
  大阪市の斎場での、「心付け」件を口実に不祥事根絶プログラムと称して、同和対策で就職を勝ち取ってきたものを今では同和が悪い、間違っていたと言って、労働者に差別を持ち込み分断し、仲間の団結を破壊し、民営化を推し進めようとしています。
あらゆるもの=労働者の職や仲間同士の団結、住んでいる住宅、その家族の絆や命までも奪う、この世の中の大企業=資本が許せない!
 私たち西郡支部は、2011年、世界大恐慌の深まる中で、大企業=資本が危機で賃下げ、解雇、非正規化の嵐の中で大失業を生み出し、戦争が始まっています。
  部落解放同盟本部が国に取り込まれ屈服し、部落民も戦争に動員をし、突き進んで行くねじ曲がった解放運動で国家間の領土問題だと言っています。
  私たち西郡支部は、大企業=資本の最末期の姿だと捉えきりました。
  新自由主義と対決する部落解放運動をはっきりと打ち出し、今尚、差別がある中で、この差別を国や行政に補償しろと言っていくのか、労働者に大企業=資本が差別を使って労働者を個々バラバラに支配するために差別を使って分断支配を行っている事をはっきりさせなくてはなりません。

  国、大企業=資本と労働者階級の闘いが始まっています
 
 私たち西郡支部は、今年、10月31日の狭山闘争を労働者と一緒に闘い、部落解放の責任勢力として石川一雄さんと繋がり、国家権力による部落差別のデッチ上げで犯人にされ、ほんの数ヶ月で死刑判決を下されました。しかし、石川さんは、「殺していない」と裁判で訴えました。そこから不屈の闘いが今尚、闘い抜いています。
  西郡住宅闘争は不屈14年を闘い抜き、応能応益家賃制度絶対反対で供託堅持で闘っています。八尾市や部落解放同盟本部派のウソやダマシ、脅しの供託つぶしをも乗り越えて、今、西郡の住人と繋がる住宅闘争の闘いを推し進めていきます。
  国や八尾市もそうですが、公営住宅から住民を追い出し、更地にし、大企業=資本に売り渡そうとしています。しかし、私たちの住宅闘争に追いつめられた八尾市は、住宅の民営化を推し進める事は出来ないのです。また、私たちの住宅闘争をつぶしておかないとにっちもさちもいかなくなっているのです。
  八尾北医療センターの明け渡しにしても、八尾市の一方的な売却方針に現場の労働者は怒り、日々医療と介護を誇りを持って行っています。八尾市の一方的なやり方は納得がいかないと言っています。
  八尾北医療センター労組と命と健康を守る会と一緒に住宅民営化と八尾北医療センターの明け渡しと同じ闘いとして一体で八尾市を追いつめ、労働者と一緒に絶対反対の団結拡大で闘って行きます。
  八尾市の800事業民営化を絶対反対の闘いを八尾市全土に推し進めます。
  すえみつ選挙でこの事を思い切り訴えて、西郡の住民、周辺地域の住民や八尾市の市の職員、八尾市全土へと思い切り訴えていき、全国連西郡支部の存在を八尾市全土に示し、私たち全国連西郡支部の旗を振り続けます。
  「団結して闘えば必ず道は切り開くことが出来る。団結こそ、労働者の最高の武器である」

スケジュール

□ 団結旗開き 1月15日(土)午後6時~  八尾北医療センター待合室

□ 明け渡し弾劾裁判・判決 1月28日(金)11時 大阪地裁202大法廷

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »