« 2.10差押え弾劾控訴審判決闘争に決起しよう | トップページ | 末光懇談会に集まろう »

2011年2月12日 (土)

2.10差押え弾劾控訴審不当判決を徹底的に弾劾する!

誇りと正義は私たちにある!

ここから学生・労働者の怒りで反撃する!

Photo

『この裁判は私たちの生活・いのちを奪う殺人行為だ!
八尾市と裁判所がグルになった裁判犯罪、
不当判決だ!私たちの主張を無視した不当判決だ!
私たちはこの不当判決を許すわけにはいかない。いや絶対にゆるさない!
私たちは裁判所・裁判長を徹底的に弾劾する。
私たちは学生・青年、労働者の団結で絶対に勝利する。
誇りと正義は私たちにある。
ここから学生・労働者の怒りで反撃する!』

原告の佃文弘西郡支部青年部長は、満身の怒りを込めて裁判官tなちを弾劾した!

「シュプレヒコール!」佃君は傍聴者に呼びかける!

「反動判決を許さないぞ!
 
 八尾市、裁判所を許さないぞ!
 
 法律も裁判所もいらないぞ!
 
 八尾市のウソとダマシを暴いたぞ!
 
 西郡つぶしを許さないぞ!

 住宅に住みつづけるぞ!

 青年は、怒っているぞ!

 エジプトにつづくぞ!

  動労千葉につづくぞ!

 青年部は、たたかうぞ!

 八尾北と一緒にたたかうぞ!

 応能応益家は破綻しているぞ!
 
 絶対反対の団結で徹底的にたたかうぞ!

 私たちは、負けないぞ!
 
 私たちは、勝利するぞ!」

佃文弘青年部長の満身からのほとばしる裁判官への怒りの弾劾と、佃君の呼びかけるシュプレヒコールで法廷は、裁判所と八尾市への弾劾の嵐の場と化した。
2月10日差押え弾劾裁判控訴審判決闘争は、八尾市と国家権力・裁判所の一体となった住宅闘争つぶし、解放運動つぶし、西郡つぶしと真っ向から対決して闘われた。原告団・西郡支部を先頭に八尾北医療センター労働組合、八尾北命と健康を守る会、関西労組交流センターの共闘の労働者たちは、大阪裁判所202号大法廷を埋めつくし、大阪高裁第8民事部裁判長・小松一雄、裁判官・久保浩史、裁判官・片岡早苗を徹底弾劾した。
今日もまた八尾市は、住民の怒りを恐れて法廷に出席せず、逃亡した。裁判官らは、法廷を埋めつくし傍聴者の怒りの気迫に顔を引きつって法廷に入ってきた。「主文、控訴を棄却する」この一言を言うと法廷から逃げ去ろうとする。
ふざけるな!原告の佃文弘青年部長が立ち上がって裁判官らに怒りを叩きつけた。

「こんな裁判やったら裁判所なんかいらん」「私らが裁くんや」
「私らは負けてないぞ!」原告団、住民から怒りが叩きつけられる

そうだ!「私たちは学生・青年、労働者の団結で絶対に勝利する。誇りと正義は私たちにある。」追いつめられているのは、八尾市であり裁判所だ!はじまった新しい住民の決起を広げ、さらに団結を固め、闘いぬこう!四月八尾市議選の必勝勝ちとり、八尾市から社会をかえていこう。

Photo_2

弁護士会館で、判決弾劾・総決起集会をひらいた。最高裁への上告を確認すると共に、裁判所で私たちの未来が決まるわけではない、現場の闘いだ。「エジプトに続こう!」(佃君)。さらに不撓不屈に応能応応益家賃制度絶対反対!住宅追い出し阻止!住宅闘争勝利!八尾北医療センター明け渡し絶対阻止!を、国鉄全国運動と一つになって闘うことを確認し、当面の最大の闘いとして、4月八尾市議選の勝利を全力で勝ちとる決意を固めました。

Photo_3

Photo_4

写真【①佃青年部長の音頭で判決弾劾!団結頑張ろう!②裁判所北門で開かれた判決前の決起集会 ③判決弾劾総決起集会で発言する末光道正・八尾市議・八尾北医療センター労組特別執行委員 ⑤『不当判決を許さない!団結して闘う」発言する原告・住民のみなさん】

|

« 2.10差押え弾劾控訴審判決闘争に決起しよう | トップページ | 末光懇談会に集まろう »

差押え弾劾裁判闘争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1072969/38837968

この記事へのトラックバック一覧です: 2.10差押え弾劾控訴審不当判決を徹底的に弾劾する!:

« 2.10差押え弾劾控訴審判決闘争に決起しよう | トップページ | 末光懇談会に集まろう »