« 西郡の青年は7.2青年交流会に集まろう | トップページ | この間の闘い »

2011年7月 6日 (水)

支部1000名建設アピール

ムラをつぶされてたまるか!
更地化=廃村攻撃を許さないぞ!

利権のための運動はもういらない!

支部1000名建設の団結ですべてを取りもどそう

新自由主義と対決する新しい解放運動をつくりだそう

                                                        部落解放同盟全国連西郡支部
                                                                    支部長  岡邨 洋

西郡支部1000名建設アピール

東日本被災地の闘いは、西郡・八尾北の闘いと歴史そのものです

西郡住民のみなさん。3月11日、日本の経済・社会・政治のすべてが崩壊し、全階級情勢が一変しました。東日本大地震、巨大津波、原発事故とその後の全事態は、「天災」や「想定外の自然災害」などではありません。人間の命や生活、未来さえもおかまいなしで「クリーン、安全」と大ウソをつき原発をすすめ、また、地方を切り捨ててきた国家と資本による階級的大罪以外の何ものでもありません。
 しかし、悲しみと絶望をのりこえ、「生きさせろ」「震災解雇を許すな」「すべての原発を今すぐ止めろ」と必死に立ち上がる被災地労働者・農民・漁民・住民の団結が、この社会を根本からひっくり返し、すべてを奪い返す団結の力を荒々しくよみがえらせているではありませんか。
 この闘いは、私たち西郡・八尾北の闘いと歴史そのものです。被災地労働者と団結し、国と資本家たちにすべての責任を取らせ、社会を根本から変えましょう。
 今こそ、闘う労働組合と一つになって、新自由主義とたたかう新らしい解放運動の拠点=西郡支部1000名を建設しましょう。

改良住宅・同和住宅の更地化、八尾北の明渡し、桂中・桂小の廃止
=西郡廃村攻撃をぜったいに許さないぞ


1998年の西郡への応能応益家賃適用・住民追い出しは、団地の更地化=西郡廃村攻撃の始まりでした。西郡住宅闘争は、あらゆる弾圧・つぶし攻撃を打ち返し14年を闘いぬき八尾市を追いつめ、西郡廃村攻撃を完全に暴ききったのです。闘いの本番はこれからです。
 八尾市は昨年3月の「八尾市営住宅機能更新事業計画」では住宅を建替えると大ウソをつき、実際には昨年11月以来、住民に対する説明会や戸別の案内等による執拗な「住替え」=追い出し攻撃を強行しています。
 それは、現在新築中の新「1~5」号館以外の建替えはしない。建替え予定だった現在の1~8、S1~S3、12~23、28号館はすべて廃止にして、更地にして売り飛ばす。そのために、建替え予定だった棟の住民は、みんな他の団地に住替えしろ、というものです。
 八尾市の計画は、宣念寺・噴水前のムラの中心部の棟はもとより、大通りから南の棟はほとんど更地化、西郡を2分の1に切りすてるものです。この八尾市の攻撃に対し、「全部建替えると言っていたのに話が違う」「西郡を潰す計画には反対だ。引っ越さない」と、八尾市の計画を弾劾し、住民の決起が始まっています。
さらに、西郡住民のいのちと団結の砦である八尾北医療センターの明渡し、私たちの自慢で誇りだった桂小学校・中学校も廃止。まさに、西郡廃村攻撃です。 ムラのみんなが協力し差別をなくす思いで国や行政と闘って建てさせた歴史のある住宅であり、診療所や学校です。ふざけるな! 八尾市や吉村・地区協の好き勝手にさせてたまるか!

新自由主義と対決する新しい解放運動をつくり出そう

仕事・住宅・医療・教育、人間の絆まで奪い、ムラを更地にする。最末期の資本主義の延命のためには、人の命や生活さえも金しだい、資本の自由にして当然だとする新自由主義の攻撃が、部落差別を使って労働者階級を分断して、まず真っ先に部落と部落民に襲いかかってきています。
 このとき、解同本部派、地区協・吉村は、自らの利権のためにはムラをも売り渡し国や行政の手先、裏切り者になりさがっています。「利権のための運動はもういらない!」。西郡住民は、今年の市議選でついに吉村・地区協のムラ支配と決別し木っ端みじんに吹き飛ばし決着をつけました。
 そして、「住宅闘争14年の闘いと八尾北明渡し阻止の10年の闘いが、私自身を転換させた。真の部落の解放が、労働者との闘う団結の拡大の中にあった! 人と人のつながりと自分自身を解き放つ闘いが、私自身に部落民の誇りと労働者の誇りをよみがえらせ、一緒に闘うことの大きさと団結に無限の力があることを私はつかみ取りました」(岡邨洋全国連西郡支部長。5・31住宅明渡し弾劾裁判陳述)。新自由主義と対決する、この新しい解放運動を全国へ広げよう。

すべての住民、支部員のみなさん。ムラのすべてに責任を取りきる
西郡支部1000名建設に共に参加しよう

今、西郡で起こっているすべてのこと、大失業と非正規職化、住宅の追い出し、八尾北の明渡し、桂小学校・中学校の廃止、老人センター・保育所の民営化の攻撃に、団結して立ち向かい打ち砕こう。
 ムラを変え、社会を変えよう。非正規職の全社会化を阻みつづける動労千葉、国鉄闘争全国運動と団結しよう。この力で無実の石川一雄さんと連帯し、狭山第3次再審をかちとろう。
 西郡支部1000名建設を老いも若きも男性も女性も、ムラの住民一人ひとりが、つながり、一緒につくりだそう。
 「人の世に熱あれ、人間に光あれ」私たちこそ全国水平社の闘いを引きついで闘おう。
 西郡支部1000名建設に共に参加しよう。

|

« 西郡の青年は7.2青年交流会に集まろう | トップページ | この間の闘い »

部落解放闘争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1072969/40528960

この記事へのトラックバック一覧です: 支部1000名建設アピール:

« 西郡の青年は7.2青年交流会に集まろう | トップページ | この間の闘い »