« 8.5-6ヒロシマ~8.9ナガサキ闘争に総決起しよう | トップページ | 地域懇談会に参加しよう »

2011年8月 9日 (火)

8.6ヒロシマ大行動に決起

8.6ヒロシマは、早朝7時からの菅首相来広・祈念式典弾劾デモ、9時からの原爆ドーム前での反戦反核・原発廃止ヒロシマアピールの集会、12時半から広島県総合体育館小アリーナでの「ヒロシマ・ナガサキ、フクシマをくり返すな! すべての核と原発なくせ! 戦争をとめよう!」を掲げて行われた被爆66周年8・6ヒロシマ大行動がかちとられた。
 集会は、ヒロシマから下田礼子さん、元第五福竜丸乗務員の大石又七さん、福島からは8.6ヒロシマに決起した全員が登壇、市川潤子さんが代表して発言した。国際連帯としてアメリカから「反戦の母」シンディー・シーハンさん、イラクからフサーム・サリッヒさんがアピール。シンディー・シーハンさんは、「アメリカは民主主義国ではない。帝国主義の独裁政権だ。原発を廃止するためにも戦争をやめさせるためにも必要なのは革命です。唯一必要な闘いは階級戦争です。しかし私たちが闘いをやめない限り、敗北することはけっしてありません。くじけない限り、必ず勝利します」と力強く訴えた。このアピールに参加者は熱い共感の拍手を送った。そして、動労千葉田中康宏委員長をはじめ国内の闘う仲間のアピールが続いた。どの発言も感動的な発言でした。

 西郡支部は、小アリーナの集会から参加。会場では、青年部作成の『団結タオル』を販売しましました。そして全国の仲間とともにデモに決起、杉並支部、品川支部と一緒に平和公園までデモ行進をやりぬきました。

P1080484_800x600_2

P1080493_800x600_2

P1080532_800x600_2

  

|

« 8.5-6ヒロシマ~8.9ナガサキ闘争に総決起しよう | トップページ | 地域懇談会に参加しよう »

闘争報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1072969/41144592

この記事へのトラックバック一覧です: 8.6ヒロシマ大行動に決起:

« 8.5-6ヒロシマ~8.9ナガサキ闘争に総決起しよう | トップページ | 地域懇談会に参加しよう »