« 西郡支部大会報告(2)青年部長アピール | トップページ | 8.5-6ヒロシマ~8.9ナガサキ闘争に総決起しよう »

2011年8月 2日 (火)

全国連西郡支部大会報告(3)

  無実の星野文昭さんの再審無罪を勝ちとろう

                                                  部落解放同盟全国連西郡支部

  この暑い中、大会にご参加いただきありがとうございます。
 星野文昭さんを取りもどす決意を表明したいと思います。
 現在星野文昭さんは,えん罪によって、36年間という獄中で再審無罪を勝ちとるために闘っています。星野さんは、私たちの西郡住宅の闘いを新聞情報で知り,住宅の供託者達の闘いに、獄中で働いた、わずかな、貴重なお金をカンパとしていただきました。私は、供託者の一人として,お礼の手紙を出し、これまでにも何度か手紙を出しています。星野さんの奥様を通じて,情報をいただき、交流を深めています。
 星野さんは、昭和46年11月14日沖縄の核基地反対の闘いに参加、デモ隊と合流し、機動隊と衝突して警官が1名死亡した事件がありました。そのなかで星野さんは,物的証拠が一切ないのに,でっち上げ証言者によって「殺人罪」で逮捕されました。
 しかし、その後、目撃者はウソの証言を撤回したにもかかわらず、裁判では、一審判決では20年の懲役刑、控訴審では無期懲役刑、1987(昭和63)年に上告棄却され、無期懲役刑が確定しました。
 国は、権力傘に司法を使い、星野さんがやってもいないことを百も承知で、核基地反対の闘いでの星野さんを、私たちの闘いの「見せしめ」として、重い罪におとしいれたのです。私たちは、そのような国の権力を使って星野さんを牢獄に閉じ込め、心身ともに破壊することは断じて許すことはできません。
 星野さんは、敗けず、36年にわたる獄中で、支援する仲間と励ましの声や激励の手紙によって、力強く闘っています。星野さんはと弁護団は、新たな証拠をそろえて、再審請求を最高裁に提出し、闘いはますます力強い闘いになっています。
 星野さんの奥さんの話によると、星野さんは「2,3年後には獄中から出るんだ」と力強い決意を明らかにしています。この決意にこたえて,私たちは、石川さんのえん罪とともに、星野さんの再審全面無罪・即時釈放勝ちとるため、星野さんの未来を取りもどすため、みなさんと一緒に団結してともに頑張りましょう。以上決意します。     2011年7月24日

三里塚現闘本部の不当撤去策動弾劾!強制執行を許さないぞ!三里塚反対同盟とともに全力で総決起する!

                                                        部落解放同盟全国連西郡支部
                                    支部長 岡邨 洋

  5月20日東京高裁の反動判決を追認し、7月5日の千葉地裁による天神峰現闘本部への強制執行を認める決定を全身の怒りを込めて徹底弾劾する!
 三里塚闘争45年間、闘いの砦である現闘本部の撤去を断じて許さない!そもそも成田軍事空港建設には全く正義はない。
  同じ日本帝国主義の国策であった原発推進も完全に破産し、その反労働者性、反人民性が暴き出された。原発への怒りは、三里塚と一つです。
 3.11東日本大震災と原発事故は、世界大恐慌を激化させ、新自由主義政策の破綻を暴き出した。3万名近くにおよぶ死者行方不明者は、新自由主義政策が生み出した人災、国家的犯罪だ。放射能は日々被災地現地だけではなく全世界の労働者人民を襲っている。
  「故郷をかえせ!」「命をかえせ!」「すべての原発をとめろ!」フクシマ現地の労働者を軸とした農民漁民住民の怒りの決起を先頭に、全国・全世界で闘いが巻き起こっている。
  労働者の被曝なしに動かない原発、農民の土地を奪うことでしか存在しない成田軍事空港。原発や軍事空港なしには存在できない国家、こんなものは打倒以外にない。
 まさに今回の反動決定は、3.11情勢下、三里塚闘争がいよいよ全人民的に発展することへの恐怖のあらわれです。現闘本部への強制執行に対して、逆に全国の労働者人民の怒りの総決起で、成田空港粉砕、裁判所・国家権力打倒へ攻め上ろう。
  私たち部落解放同盟全国連西郡支部は、14年間国家権力・八尾市による同和住宅からの追い出し、廃村化攻撃と真っ向から闘ってきました。最高裁判決が出ようが、正義は私たちにある。「三里塚のように非妥協・不屈に闘おう」とたたかってきました。
 私たちは、八尾北医療センター労働組合との団結のもと、住宅闘争を不屈に闘い、いま西郡支部1000名建設に挑戦し、八尾市の西郡更地化・廃村化攻撃と闘っています。また八尾北医療センター労働組合と八尾北医療センター明け渡し攻撃と10年間闘って勝利してきています。追い詰められているのは八尾市です。
 私たち西郡支部は、三里塚反対同盟の「不屈・非妥協の45年間の闘い」を受け継ぎ、住宅闘争に勝利し、ムラを取りもどし、世の中を変える新しい解放運動を進めます。
  天神峰現闘本部撤去を許さないぞ!三里塚反対同盟のみなさん、がんばってください。
 私たちも三里塚に全力で駆けつけ闘います。

|

« 西郡支部大会報告(2)青年部長アピール | トップページ | 8.5-6ヒロシマ~8.9ナガサキ闘争に総決起しよう »

部落解放闘争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1072969/41052700

この記事へのトラックバック一覧です: 全国連西郡支部大会報告(3):

« 西郡支部大会報告(2)青年部長アピール | トップページ | 8.5-6ヒロシマ~8.9ナガサキ闘争に総決起しよう »