« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月27日 (火)

9.28八尾北医療センター明け渡し弾劾裁判の傍聴闘争に結集を!

9月28日八尾北医療センター明け渡し弾劾裁判に参加しよう!

◎9月28日(水)午後2時半 大阪地裁202大法廷

     *八尾北医療センターを午後1時にマイクロバスで出発します。集まってください。   

     *午後2時 裁判所正門付近に集まってください。

1_572x800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9.28八尾北医療センター明け渡し弾劾裁判の傍聴闘争に結集を!

9月28日八尾北医療センター明け渡し弾劾裁判に参加しよう!

◎9月28日(水)午後2時半 大阪地裁202大法廷

     *八尾北医療センターを午後1時にマイクロバスで出発します。集まってください。   

     *午後2時 裁判所正門付近に集まってください。

1_572x800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

9.24西郡青年交流会に参加しよう

9月24日(土)西郡青年交流会に集まろう

<9.14八尾市大抗議行動での青年部長・佃文弘君の訴え>

全国連西郡支部青年部部長の佃です。

住宅明け渡し大阪高裁反動判決、供託者に対する全額納付、入居契約の解除の催告書に対し、

そして八尾北医療センター明け渡し、絶対許さない!私たちは八尾田中市政、そして八尾市と結託して西郡更地化・廃村攻撃を進める解同本部派吉村議員、その手先となっている地区協を徹底的に弾劾します。 360万人の大量首切り、非正規職化を進めている中、八尾市は800事業民営化と非正規職化に突き落とす攻撃を進め、労働者を分断するために労働者の団結破壊や労働組合つぶしが強まっています。3.11の大震災により道州制=新自由主義攻撃が一段と加速しています。もう労働者が生きていけなくなっていると言う現実が起こっています。

1_2

今、国や資本家が生きのびる為に医療を奪い、教育も奪い、保育も奪い、ありとあらゆる民営化攻撃、そして公務員

しかし私たちの14年間たたかってきた住宅闘争、裁判によってはっきりさせてきました。

八尾市がしてきた政策の本質、嘘と騙しと脅しをあばいてきました。

国・行政・資本家は私達を恐れながらもやってくるその攻撃は私たち部落民・労働者を食い物にし、生き延びる姿は128の住宅明け渡しの不当判決によって明らかになりましたし裁判所も腐れ、破綻そのものでした。私たちのたたかいで国、資本、そして八尾市を追いつめています。

全世界で学生や青年の怒りが爆発し立ち上がってきています。青年にこそ社会を変える力があり未来をきりひらく力があります。私達青年が声をあげれば必ず響きます。響けば応えてくれます。この世の中をひっくり返せる力が必ずできます。そのためには、となりの仲間を信じることです。そのために私たちも仲間向き合って呼びかけていきます。そして何としてでも西郡1000名の建設に向け青年部も一丸となって前進します。最後に今、声を上げなかったらいつ上げる!八尾市の自治体労働者のみなさんに呼びかけたい!勇気をだしてみんなで声をあげよう!そして団結しよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

西郡住民11家族への新たな住宅追い出し攻撃許すな!

追い詰められた八尾市による供託者=11家族への新たな住宅追い出し攻撃を阻止しよう

9月15日、八尾市は供託者に対して「入居承認取消通知書」=住宅追いだし状を送ってきた。断じて許すことはできない。私たちは供託者との団結を固め、この追い出し攻撃を断固として粉砕する!

 ■供託者への激励と住宅闘争支援基金へのカンパをお願いします。

 ■八尾市に対して抗議を送ろう

   八尾市長・田中誠太  電話:072-924-3809 FAX:072-924-0032

   八尾市住宅管理課  電話:072-924-3858 FAX:072-924-2301

以下9.19さよなら原発1000万人アクションの会場でまいたビラを掲載します。

2011919__1_565x800_2

2011919__2_570x800_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

9.14八尾市抗議闘争、供託者を先頭に150名の決起で闘いぬく!

 9・11反原発100万人アクションの熱気そのままに、9月14日、部落解放同盟全国連西郡支部と八尾北労組、命と健康を守る会、道州制・民営化と闘う共闘会議、そして、休暇をとってかけつけた全国連杉並支部と関西の労働者・学生150名は、「原発推進・大増税の野田政権打倒!住宅追いだし、西郡更地化・廃村攻撃許すな!八尾北医療センター明渡し絶対反対!」の大抗議闘争を闘いぬいた。

Dsc06755

 

P1080716

P1080725

P1080761

3時、八尾北医療センターでの決起集会につづき、4時半から市役所前行動は始まった。岡邨洋支部長が、「8・25話し合いを拒否した八尾市を徹底弾劾する。闘いはどんどん広がっている。解同本部派・地区協支配は打ち破られた。階級的団結で新自由主義と対決する全く新しい解放運動で勝利できる。八尾市は財政破産を職員の賃下げ・クビ切りと市有地の売り渡し・西郡更地化するといっている。西郡住宅闘争14年、八尾北明け渡し反対10年の闘いは、八尾田中市長の八尾市800事業丸ごと民営化攻撃との最先端の闘いだ。この闘いとの団結に勝利がある。八尾市で働く労働者のみなさん、ともにたたかおう。フクシマの怒り、地域住民の怒り、自治体労働者の怒りと結びつき、支部1000名建設で、腐りきった社会を根底からひっくり返そう」と呼びかけた。末光道正八尾市議(クリックすると末光ブログを表示)は、「9月議会で、巨大プロジェクトでゼネコンをもうけさせ財政破綻に陥った八尾市は、その危機を市有地売却と人件費削減(クビ切りと非正規職化)で乗りきると言った。団結すれば勝てる」と訴えた。支部青年部長の佃文弘くんは、「国や八尾市が嘘とだましと脅しで、部落民労働者を食い物にして生き延びようとする本質を暴いた。絶対反対の団結こそ追い出しを阻止できる。9・24西郡青年交流会に集まろう。今闘わずしていつ闘うのか」とアピールした。藤木好枝八尾北労組委員長は、「市職員への首切り・非正規化は、西郡更地化、八尾北明渡し攻撃と一体だ。団結しよう」と訴え、重松信子医師、守る会が9・28八尾北裁判への決起を呼びかけた。そして、次々と託者が戦闘的に決意を述べた。関西労組交流センター代表の富田益行さんは、「外注化阻止・非正規職撤廃、偽装請負を告発し、動労千葉はストライキ決起する。西郡・八尾北と原発を止める闘いは一つだ。国鉄闘争全国運動で闘う労働運動をよみがえらすことが勝利の道。住宅追い出しに手をかけたら全国から結集して阻止する」と宣言した。全国連杉並支部、国鉄・自治体・全逓・教育労働者、合同労組、全学連が次々とアピール。最後に2・26闘争当該の森本政二さんが「団結こそ勝利」、供託者Aさんが「絶対に負けない、勝利するぞ」と戦闘宣言。圧倒的注目と共感の中、アリオまでデモを打ちぬいた。

P1080893

 7・26住宅明渡し大阪高裁反動判決、7・27供託者への催告状攻撃は、7.24支部大会での支部1000名建設、新自由主義と闘う新たな解放運動を作ろう、という新方針と闘いへの恐怖以外のなにものでもない。催告状に対して、供託者が団結して闘いに立ち上がったとき、八尾市は本当に追いつめられた。われわれは勝利者として、支部1000名建設で新たなムラの決起を生み出している。階級的団結で新自由主義・道州制攻撃を粉砕する。
 9.19「さよなら原発5万人集会の先頭に立とう。
 とりわけ西郡の青年のみなさん、八尾北労組の青年のみなさん、9.24西郡青年交流集会に集まろう。そして10.2関西青年労働者集会から11.6労働者集会1万結集をともに闘い取ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

9.14八尾市大抗議行動に立て

9.14八尾市大抗議行動に決起しよう

  9月14日3時   八尾北医療センター

        4時半  八尾市役所前

 に集まってください。

        *八尾北から市役所前までバスで送迎します。

2011914c__1_2

2011914c__2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

9.14八尾市抗議行動に行こう

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

9.11すべての原発をいますぐなくそう!全国百万人アクションin大阪に参加しよう

9.11反原発行動に立ちあがろう

911_3

911_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »