« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月25日 (金)

11.6労働者集会報告

11.6労働者総決起集会、被災地と結び世界から6千人が決起

11・6全国労働者総決起集会が、日比谷野外音楽堂をうめる5950人の結集で熱烈に勝ちとられた。深刻化する福島原発事故と放射能汚染の拡大にもかかわらず強行される再稼働、原発輸出、「復興特区」を突破口とする首切り民営化・非正規職化の大攻撃に、被災地と一つになり反原発・反失業を闘いぬく総反撃の宣言が発せられた。TPP・原発推進の野田打倒!
 集会には、韓国・民主労組やアメリカ・オークランドゼネストの先頭に立ったILWUなど新自由主義と闘う世界の労組代表が参加。スト決起で外注化阻止・非正規職撤廃、被ばく労働反対の先陣を切る動労千葉や動労水戸、国鉄1047名解雇撤回の闘いを先頭に、全世界の「99%」の労働者民衆による「世界を変える」反乱を共に闘うことを誓う歴史的集会となった。
 動労千葉の田中委員長は、「11・5から運転基地統廃合反対の指名ストに突入したことを報告し「大失業と原発事故の根っこは同じ。職場から新自由主義に立ち向かおう」と呼びかけた。 被災地から大挙参加。福島から福島県教組の清野・元委員長と「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」の代表。仙台市職労の神保副委員長は「復興特区というさらなる新自由主義を許さない」と発言。
 八尾からは、青年集会で全国連西郡支部の佃文弘青年部長が「11家族への住宅追い出しを許さない」と戦闘宣言を発した。
 本集会では、藤木・八尾北医療センター労組委員長が発言、「私たち八尾北労組は、2010年3月末以来、土地建物を明け渡して出ていけという八尾市の攻撃を打ち破って、日々、医療と介護を続けています。明け渡し裁判で八尾市と裁判長は早期結審、反動判決を出そうとしています。許せません。
 絶対に勝てる時代が来ました。世界は革命情勢です。怒りは満ちています。私たちも八尾市の800事業民営化と闘う自治体労働者とつながる、そういうチャンスの時代が来たのです。労働者が本当に腹をくくって闘えば労働者の力はすごい。この闘いの過程で、そのことを証明し敵階級にたたきつけてやりたい」と八尾北明け渡し絶対阻止を宣言した。

 世界恐慌はますます深まり、闘う労働組合が闘えば勝利する時代が到来している。11.6労働者集会で切り開かれた地平をさらに推し進めるべく、職場・地域から闘いを巻き起こし、闘う労働組合の拠点を作りだそう。外注化・非正規職撤廃!原発再稼働阻止!TPP粉砕!野田政権打倒!この闘いの先頭に立って、西郡支部1000名建設勝ちとり、新自由主義と闘う解放運動を推し進めよう。

写真上から➀若者集会で発言する、佃文弘・西郡支部青年部長、②組合員が持つ横断幕を背景に発言する藤木好枝・八尾北医療センター労働組合委員長、③集会には住宅明け渡し弾劾裁判や八尾北明け渡し弾劾裁判を闘う、宮崎正人弁護士も参加した(前から2列目、右端の人)、④福島をはじめ被災地から参加した労働者住民の登壇、⑤、⑥都心を席巻したデモをともにたたかう

P1090651_800x600

P1090812_800x600

P1090741_640x480

P1090752_640x480

Dscn0771_640x480_2

Dscn0775_640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

11.27星野集会の成功を勝ちとろう

獄中37年・不屈に闘う無実の星野文昭さんの再審勝利かちとろう

11.27星野全国集会の成功を!

獄中の星野さんに手紙を送り続けている西郡支部・佃久子さんの手紙を掲載します。

こんにちは
 朝夕の冷え込みが本格的になってまいりましたが、お風邪などひかれていませんか?心配になっています。
  今年は、どの家にも柿はなり年で、甘柿も渋柿も鈴なりに実をつけています。子どもの頃は真っ赤に熟れた柿を見つけてはよく食べたものですが、星野さんはどうでしたか。
 もう星野さんはご存じと思いますが、八尾市は9月15日、私を入れて、新たな家族11人に対

Dscn0738_640x480_2

P1090830_640x475

し、10月17日までに家財道具を持ち出し、鍵を持ってこいという「入居承認取消通知」を送りつけてきました。ほんとうに許すことができず、怒りでいっぱいです。
 住宅明け渡し反動判決と闘う辻西さん、岡邨さん、田中さん、三家族と共に「実力で住み続ける、最後まで闘う」と14家族の怒りに火をつけたのです。
 9月の八尾市議会で田中市長は、4年たらずで市財政が破綻するから、市有地売却、人件費削減、そして住民負担拡大と言い切ったのです。
 応能応益で家賃を上げ、家族をばらばらにして追い出し、住みかえをさせて追い出し、西郡を更地にして売り飛ばすことが「市営住宅機能更新計画」なのです。被災地「復興特区」攻撃、公務員首切り新条例と同じ新自由主義攻撃なのです。全てを資本の金もうけにしようとしています。
 私たちは絶対反対の団結で、いつも星野さんが言われているように、誰もが人間らしく生きられる社会を実現できるよう、がんばりたいと思っています。
 11月6日全国労働者総決起集会に参加してきました。12時から集会は始まり、司会あいさつ、開会にあたって呼びかけ団体から、全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部・高英男副委員長、次ぎに国鉄千葉動力車労働組合の田中康宏委員長は、「今求められているのは労働組合の変革です。闘う労働組合を甦らせることです。われわれ自身の手で、この困難な仕事をやり抜くことです。可能性に満ちた時代です。今ならできます。全国の職場・地域から闘う労働運動をつくり出そう。今日の集会を新たな出発点にしよう」と熱く力強いアピールをされました。
 国際連帯アピールから、韓国、アメリカ、ドイツ、イラン、バングラディッシュ、ビルマと次々と心のこもった力強いアピールでした。
 インターナショナルを唄い、団結がんばろうで三時前に集会は終わりました。三時からデモに出ました。集会参加者は、5950人でした。
 相変わらず警察は、権力でものを言っていましたが、今回は少し静かに思えましたが、右翼がデモに対して、マイクでがんがん攻撃をしてきて、警察が止めていました。一時間あまりのデモでした。集会の途中雨が降ってきていたのですが、デモの時は雨もやんで楽しく、最後までデモに参加することができ、とてもよかったと思っています。
 最後になりましたが、星野さんの奥様にもあえて、元気でがんばっておられる様子を見て、そして星野さんは、洗面器を所定の位置に戻さなかった、新聞を読みながら塗り薬を塗った、など、日常生活における小さな行動まで処分の対象にするなど、ほんとうに許すことのできないことです。それでも星野さんは、2、3年で出ると決意されているように、私たちもそれに答えられるよう団結を固め、ともにがんばりたいと思います。
 季節の変わり目の風邪にはくれぐれもお気をつけ下さい。
11月11日                              佃 久子

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

11家族への追い出し許すな!八尾市議会闘争に決起しよう!

11家族への住宅追い出し許すな!八尾市議会傍聴闘争に決起しよう!

八尾市は、12月議会において、西郡住民11家族を裁判にかけて市営住宅から追い出す、「議案71号・訴え提起の件」を出してきた。断じて許すことはできない。
 「実力で住み続けるぞ」と不屈の決意を固める11家族と連帯し、議会内で闘う末光議員とともに議案71号を徹底的に弾劾し、反対しよう。

12月八尾市議会闘争スケジュール

■11月30日(水)本会議・末光議員個人質問
    午後5時~本会議場傍聴闘争
          個人質問の順番は7番目です。個人質問の時間はおよそ午後5時~6時ぐらいに始まると思われますので、5時には八尾市役所10階本会議場に傍聴に来て下さい。

■12月12日(月)建設産業常任委員会
    午前10時市役所8階委員会室

          この委員会で議案71号は審議されます。末光議員はこの委員会の委員です。全面的に反対の闘いを行います。全力で傍聴闘争に決起してください。

■12月21日(水)八尾市弾劾闘争
    
    10時本会議傍聴闘争

        住民追い出し法案の本会議採決許すな!8時、八尾市へのビラ入れ弾劾行  動からほぼ半日、弾劾闘争が闘われます。いっしょに参加」しよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11家族への追い出し許すな!八尾市議会闘争に決起しよう!

11家族への住宅追い出し許すな!八尾市議会傍聴闘争に決起しよう!

八尾市は、12月議会において、西郡住民11家族を裁判にかけて市営住宅から追い出す、「議案71号・訴え提起の件」を出してきた。断じて許すことはできない。
 「実力で住み続けるぞ」と不屈の決意を固める11家族と連帯し、議会内で闘う末光議員とともに議案71号を徹底的に弾劾し、反対しよう。

12月八尾市議会闘争スケジュール

■11月30日(水)本会議・末光議員個人質問
    午後5時~本会議場傍聴闘争
          個人質問の順番は7番目です。個人質問の時間はおよそ午後5時~6時ぐらいに始まると思われますので、5時には八尾市役所10階本会議場に傍聴に来て下さい。

■12月12日(月)建設産業常任委員会
    午前10時市役所8階委員会室

          この委員会で議案71号は審議されます。末光議員はこの委員会の委員です。全面的に反対の闘いを行います。全力で傍聴闘争に決起してください。

■12月21日(水)八尾市弾劾闘争
    
    10時本会議傍聴闘争

        住民追い出し法案の本会議採決許すな!8時、八尾市へのビラ入れ弾劾行  動からほぼ半日、弾劾闘争が闘われます。いっしょに参加」しよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

11.6労働者集会に行こう!10.16集会での供託者の訴え

10.16集会での供託者の訴え

被災地の怒りと結び、新自由主義の住宅追い出し、西郡廃村・更地化攻撃をうち破ぞ!

私たち西郡改良住宅への応能応益家賃制度適用に対して、西郡支部は、八尾北医療センター労組、命と健康を守る会、そして全国労組交流センターとともに、八尾市の悪らつで卑劣な攻撃にもめげす、14年間の闘いを進めてきました。八尾市は新たな住宅明け渡し攻撃の攻撃をかけてきています。

P1090570_800x600

 私たちは、3年近くになる裁判の闘いを通じて知り得たことは、裁判官は私たちの意見陳述を無視し、年金や預金をことごとく差し押さえ、住宅明け渡しを平然と認めていることです。これは不当な反動判決ではありませんか。
 年金や預金は私たちにとって生活に絶対必要なお金です。それを裁判官は、平然と差し押さえを認めているのです。そこには正義というものはみじんにもなく、やはり、国家・政府・行政のいうことは、国家の機関である裁判官は逆らえないということです。断じて許すことはできません。これは国家・政府の新自由主義のほんの一部です。
 まだあります。東日本大震災における福島原発事故の被災者たちを見てください。住宅問題や住民、農家の人たち、漁民の人たちは、7ヶ月たった今も、政府は、議会や専門委員会の設置ばかりに力を入れ、住民の意見も取り入れず、現地はガレキの山、しかも原発事故の放射能汚染により、被災地の移転先の住宅には、学校や病院も買い物に行くにも1時間以上もかかる有様です。就職するにも職はなく、路頭に迷っている有様です。
 東大の児玉龍彦先生は、福島原発事故の汚染は、広島原子爆弾20個分以上の放射性物質が巻き散らされているとはっきりいっているのです。ほんとうに恐ろしいことです。政府や東電会社は、それを隠蔽し都合の悪いことは何の責任も持たない。これは全て国の責任です。
 西郡の住宅問題も同じことがいえます。
 私たちは原発反対の被災地の人たちや、首切り反対で闘っている国鉄の動労千葉労働組合、そして組織を持たない非正規労働者と共に団結し、政府の自己保身や利権に絡む行動に対して断固反対し、たたかおうではありませんか。
 原発をなくそう!そして応能応益家賃制度絶対反対と、廃村・更地化反対で、ともにがんばろう!以上決意します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

11.6労働者集会に総決起しよう!

「実力で住み続けるぞ!」住宅追いだしを許さない!

一切の怒りを11.6労働者集会に集中し、総決起しよう!

201110271016__1

201110271016__2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »