« 2.26青年集会に結集しよう | トップページ | 岡邨洋・西郡支部長への強制執行通告許すな »

2012年2月23日 (木)

星野さんの再審無罪を勝ちとろう!西郡支部佃さんの手紙と2・5徳島刑務所包囲闘争の報告

星野文昭さんに送られた西郡支部・佃久子さんの手紙と2月5日の闘争の写真を掲載します。

星野文昭さんへの手紙

今日は
今年の冬の寒さは、大雪でたくさんの人が命をなくされておられます。徳島でも山の方はたいへん寒いと思いますが、星野さんはお元気でお過ごしでしょうか?2・5徳島刑務所包囲デモに参加させていただきました。八尾北医療センターを午前9時に出発し、阪神高速に乗り、車二台で明石・鳴門大橋を渡ってデモ出発地点、徳島市役所入田支所には午後1時過ぎに到着しました。現地にはたくさんの労働者が結集していました。
 そして希望バスに乗ってこられた労働者が続々降りてこられて、見る間に現地は労働者で熱気に溢れかえったなか、1時30分に集会が始まり、はじめに全国労働組合交流センターからの発言、全国再審連絡会議から、岡山、大阪、徳島の星野救援会、そして弁護士さん、星野さんからのメッセージを奥様が読みあげました。
 私は星野さんのメッセージを聞くたび、何時も力強さをいただき、私も星野さんのように頑張らなくてはと思い、元気をもらっています。ありがとうございます。
 2時から600人以上参加でデモにうつり、シュプレヒコールで元気よく刑務所前まで進行。刑務所の門の中で刑務官が何人かでピケを張っていました。デモ隊は、大きな声で刑務官に向かって、星野さんは無実だ、星野さんを返せと、何度もなんども怒りの声をシュプレヒコールであびせながら、刑務所を包囲しながら巡回し、デモ到着地点で、最後に国鉄動労千葉の田中委員長の挨拶で終わりました。私は元気な奥様にもお逢いでき、元気づけられ、デモに参加できたことを嬉しく思っています。ありがとうございます。
 星野さんもごぞんじかと思いますが、応能応益家賃制度絶対反対で闘う辻西幸子さん、岡邨洋さん、田中由加さん、3家族の訴えを最高裁は棄却し、決定をもって、八尾市は、1月21日、3人に「30日以内住宅を明け渡せ、でなければ強制執行する」と通告してきました。また新たに、私たち11家族への住宅明け渡しを、市議会で弾劾する傍聴者を全員退場させ強行採決を行い、さらに八尾北医療センター明け渡し弾劾裁判での早期結審で反動判決攻撃が強まっています。本当に許すことができません。八尾市は、司法、司法と言って正当化しようとしていますが、悪いのは、ウソとだましとおどしをしてきた国や行政なのです。私たちは間違ったことを言っておりません。これからも、絶対反対で闘う労働者が団結して闘えばと、星野さんがいつも言われているように、人間が人間らしく生活できる社会になると思います。共にがんばりましょう。
 寒さはまだまだ続きます。
 お身体を大切にお過ごし下さい。
 2月7日                           佃 久子

P1100745_640x475

Dscn1273_640x480_2

<

Dscn1237_456x640

Dscn1319_640x480

P1100786_640x480

P1100801_640x473

 

Dscn1437_640x466_3

 星野暁子さんとあいさつを交わす佃久子さん(左から二人目)                               

|

« 2.26青年集会に結集しよう | トップページ | 岡邨洋・西郡支部長への強制執行通告許すな »

闘争報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1072969/44235885

この記事へのトラックバック一覧です: 星野さんの再審無罪を勝ちとろう!西郡支部佃さんの手紙と2・5徳島刑務所包囲闘争の報告:

« 2.26青年集会に結集しよう | トップページ | 岡邨洋・西郡支部長への強制執行通告許すな »