« 5.24八尾北明け渡し弾劾裁判、完全勝利を勝ち取った。 | トップページ | 団結の力で5.24八尾北明け渡し弾劾裁判に全面勝利したぞ! »

2012年5月27日 (日)

5.23全関西狭山集会基調報告

5.23全関西狭山集会で、岡邨支部長が行った基調報告を掲載します。

       5・23 全関西狭山集会 基調報告

              
【1】 新自由主義と対決する狭山第3次再審闘争

 まず冒頭に,私たちは、石川一雄さんと一つになって、狭山第3次再審勝利をかちとる決意を明らかにします。
 1963年5月23日の石川さんへの誘拐殺人事件でっち上げ逮捕は、60年安保・国鉄闘争への反動であり、労働者階級への分断攻撃でした。石川さんの無実を訴える闘いは、70年代の安保・沖縄闘争、とりわけ職場で闘う青年労働者、労組青年部の決起によって、11万人が東京高裁を包囲するたたかいへ上りつめました。
 この高揚と74~5年恐慌に震えあがった支配階級は、74年、東京高裁寺尾裁判長による無期懲役判決を強行しました。そして、80年代、国鉄分割・民営化による労働組合破壊、労働運動解体攻撃で、日本における新自由主義攻撃は本格化したのです。地対協路線はその一環です。それは、同和対策事業を廃止し、民営化で部落民労働者を失業・非正規にたたき込み、階級を分断して労働運動・労働組合をたたきつぶす攻撃でした。
 獄中で石川さんは再審闘争に決起し、不屈に国家による部落差別を暴き、糾弾し続けました。動労千葉が、国鉄分割・民営化絶対反対の二波のストライキをうちぬいて団結を守りぬき、国鉄1047名解雇撤回闘争団を生みだしたたたかいが、狭山闘争を階級の最深部で支えてきました。そして、石川さんのたたかいは、労働者階級を限りなく鼓舞激励してきました。
 いま、第三次再審闘争は、70をこえる証拠を開示させ、石川さんが逮捕当日警察署内で書いた上申書は、内容、筆跡など全てが無実を証明する決定的証拠です。石川さんに対する有罪の論拠は、すでに全面的に崩れています。
 だからこそ、野田(民主党・連合)政権は、狭山闘争が国家権力との非和解の闘いであることに怖れ、三者協議への幻想をあおって、再審棄却をねらっています。
 今や狭山闘争は、国鉄闘争、反原発闘争とともに、新自由主義を打ち倒す最前線のたたかいです。部落差別を切っ先に労働者を分断し、全員解雇・非正規職化にたたき込む橋下=道州制・更地化攻撃を粉砕する力もここにあります。今こそ、石川さんとともに、労働組合、労働運動の力で全証拠開示、狭山第三次再審勝利へ総決起しましょう。

【2】 更地化絶対反対 !  はじまったムラぐるみの決起

 応能応益絶対反対の住宅闘争15年、八尾北医療センター民営化絶対反対11年の闘いは、住宅も学校も診療所もすべて追い出し、全員解雇・9割非正規化でアジア並の低賃金でこき使う更地化攻撃を完全に暴き出しました。そして同時に、絶対反対で闘い、団結を拡大していけば勝利できることを示しました。
 4月19日、八尾市と大阪地裁は、何の事前通告もせず、機動隊を動員し、私の仕事中をねらってコソ泥的に住宅追い出し強制執行を強行しました。これは、3月14日、27日の二度にわたって強制執行を粉砕され、追いつめられたあげくの暴挙です。パジャマ姿で、ともにマイクを握って抗議した住民の決起は、西郡に更地化攻撃への怒りと、その手先になっている地区協への怒りが充満していることを示しました。
 絶対反対の団結した闘いが、こんなデタラメなやり方しかできないところへ八尾市と裁判所を追いつめ、村中を私たちが獲得できる地平を引き寄せているのです。3・18全国総決起集会600の結集とデモは、八尾北・西郡闘争を全国闘争に押し上げ、階級的団結を拡大してすべてを奪い返す段階を切りひらきました。
「これは岡邨さんだけの問題と違う。みんなの問題だ。」「地区協をぜったいに許さない。いっしょに最後までたたかう」と、村ぐるみの総決起が始まったのです。

【3】 更地化(全員解雇・9割非正規化)粉砕、橋下打倒 ! のたたかい

 ギリシャ危機からさらに世界大恐慌は激化し、世界中で青年・学生、労働者民衆がゼネスト、デモに決起し,世界は革命情勢です。資本家は、復興特区、原発再稼働、TPP、道州制攻撃で、労働者を分断し、自分たちが金もうけできさえすれば、更地化で人が死のうが関係ないという、絶望的で凶暴な新自由主義攻撃に突っ込んでいます。
 この先頭に立っているのが橋下大阪市長です。橋下は、分限免職(全員解雇・全員非正規化)、組合つぶしの更地化攻撃に突進しています。部落差別を切っ先に現業を丸ごと民営化し、医療・福祉・教育なども全部を「ゼロベース」で見直し、市職員の半分=2万人解雇、さらに公立部門の20万人解雇方針を打ち出しました。そして、西成特区攻撃では,学校の統廃合をはじめ住民を叩き出して資本に大もうけさせ、労働者の生活は根こそぎ奪う大攻撃をかけてきました。
 こんな新自由主義は、人が生きることと全く相いれません。現場の怒りは、体制内指導部の屈服、手先化をうち破って必ず爆発するし、労働者の団結の力で打ち倒せます。
 実際、すでに闘いは始まっています。更地化攻撃の前に立ちはだかってきた八尾北・西郡闘争は、橋下市長の組合つぶしの職員アンケートを廃棄させた大阪市職の青年労働者の決起へ広がり、さらに、卒・入学式で「日の丸・君が代」不起立を貫く大阪市教組の仲間の決起へ発展し、自治労や日教組執行部を乗り越え、民営化-全員解雇・非正規化を許さない現場の闘いが広がっています。
 こうした階級情勢を根底で切りひらいているのが、動労千葉の闘い-国鉄決戦です。分割・民営化絶対反対、1047名解雇撤回、外注化・非正規化粉砕のたたかいは、ついに、検修・構内業務外注化4月1日実施を阻止し、JR東日本全体で1000名に上る強制出向を全面的にとめました。
 国鉄闘争全国運動を柱に闘えば、労働組合、労働運動を根絶し、全員解雇,9割非正規職化へ突き進む橋下を打倒できます。

【4】 更地化と労組破壊の手先、解放同盟大阪府連=まちづくり協議会、
  地区協・吉村を許すな !

 解同大阪府連は、橋下の特区攻撃の手先です。「オールクリアランス」(更地化)をチャンスだと、民営化・首切りを促進し、解放運動を「起業」という一部幹部だけの生き残り、利権運動にねじ曲げたのです。
 その典型が西郡の地区協・吉村議員です。議会で、「応能応益で、定職あるものや青年たちが西郡に住めなくなった」、「うちの兄貴」「嫁の親」「そういう私自身のことですやん」と身内をネタに八尾市を追及し、「みかえりを」要求。そこでは徹底して「公営住宅は減らせ」と言って手先になって1000人を追い出し、自分の兄や地区協役員など、たった5軒のコーポラティブ住宅を「みかえり」にもらったのです。自分だけ「いい目」できたらムラをまるごと売ってしまう、これが解同本部派の「起業」路線です。そのために立ち上げたのが、「一般社団法人・八尾北まちづくりセンター」です。
 そして、みんなが命の砦、闘いの砦として歴史的に守り抜いてきた八尾北医療センターを、「売却すべき」「売却後の法人を探せ」と田中市長に迫っています。労働者、住民の怒りをみくびるんじゃない!  
 5月20日、桂小学校の日曜参観で、私たちは桂小・中学校統廃合絶対反対のビラまきと署名に取り組みました。とても関心が高く、話せばすぐに地区協・吉村のウソとペテンははげおち、30~40歳の青年を中心に30筆近い署名が集まりました。支部1000名建設が本当に求められています。

【5】 6・10から今秋の国鉄・原発・橋下打倒の歴史的決戦へうって出よう !
   支部1000名建設をたたかいとろう !

 私たちは、1~5月の激闘を通して、国鉄闘争勝利の地平の上で、ついに道州制-特区攻撃が更地化・9割非正規化攻撃だと暴きだし、これとの全面的対決構造に敵を引きずりこみました。
 橋下・田中は、ウソとペテン、あらゆる分断攻撃で団結をつぶし、そのために連合や地区協などを徹底的に手先に使ってやってきます。だが、私たちは、絶対反対の団結で立ちはだかり、彼らが更地化・9割非正規化の手先だと暴き出しました。その時、橋下・田中に残されているのは、むき出しの非和解の暴力だけです。これは、私たちの存在とたたかいが、労働者階級すべてを獲得し、命運を握る地平に到達したと言うことです。
 今こそ、八尾市-地区協・吉村との全面激突に勝ちぬき、労組と地域に階級的団結を広げ、拠点を建設しましょう。いよいよその時が来ました。

< たたかいの方針 >
 1)更地化攻撃は、その人が供託で闘っているかどうか関係なしに、西郡住民、労働者一人一人、みんなの追い出しであり、全員解雇・非正規職化の攻撃です。それも、吉村・地区協を手先にしてはじめて成りたっています。更地化粉砕・吉村打倒!
 2)支部1000名建設こそ一切の回答です。地域懇談会を組織し、団結を拡大しよう。
 3)桂小学校の日曜参観日のように、更地化攻撃を許さない地域での登場が待たれ、求められています。どんどん行動にとりくもう。 
 4)八尾市全域ー西郡全域での労組を獲得する闘いに総決起しよう。
  橋下の登場は、田中・八尾市政をも一変させ、更地化=全員解雇・全員非正規化の攻撃が始まっています。今こそ、八尾北労組と支部が一丸となり、八尾市で働く自治体労働者、非正規の労働者の組織化に打って出よう。
  5)今こそ、新自由主義と対決する新たな部落解放闘争をつくり出そう!
 
< 当面の行動スケジュール >
① 5・24 八尾北明け渡し(病院つぶし・全員解雇攻撃)弾劾 ! 判決裁判闘争
 - ひる1時、八尾北をマイクロバスで出発。
② 10家族の住宅明渡し裁判 
   - 6月8日から裁判がはじまります。一人一人をバラバラにする攻撃許さず、ひとつに併合するよう要求しよう。
③ 7月22日 支部大会
  - ひる1時 桂人権コミュニティーセンター
④ 国鉄闘争全国運動6・10全国集会
  - ひる1時 東京・文京シビックホール)
   -  ここから、秋の道州制=更地化粉砕、橋下打倒大闘争へうってでよう。
⑤ 7・16「さよなら原発10万人集会」
  - ひる(詳細は追って) 東京代々木公園 
  - 被災地の怒りと結び、福島診療所建設、再稼働阻止・原発廃炉を闘おう。   

             2012年 5月 23日 西郡第3集会所
                 部落解放同盟全国連合会西郡支部   支部長 岡邨 洋

|

« 5.24八尾北明け渡し弾劾裁判、完全勝利を勝ち取った。 | トップページ | 団結の力で5.24八尾北明け渡し弾劾裁判に全面勝利したぞ! »

狭山闘争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1072969/45425547

この記事へのトラックバック一覧です: 5.23全関西狭山集会基調報告:

« 5.24八尾北明け渡し弾劾裁判、完全勝利を勝ち取った。 | トップページ | 団結の力で5.24八尾北明け渡し弾劾裁判に全面勝利したぞ! »