« 決戦の渦中で星野絵画展 | トップページ | 戦闘宣言 »

2014年8月21日 (木)

8家族への住宅追い出し強制執行許すな!抗議行動は勝利した

8月20日、国・八尾市・裁判所・大阪府警が言ってきた強制執行攻撃を粉砕

 8家族の住宅追い出し・強制執行許すな!8・20抗議行動は、朝8時からの八尾北医療センター待合での決起集会から始まり、二度にわたる村内練り歩きを勝ちとった。供託者一人一人の「これからも西郡で住み続けるぞ!すべてを奪いかえすぞ!」という決意と訴えはムラ中に広がった。駆けつけた労働者は「西郡のにかけられた攻撃は西郡だけではなく、労働者全体への攻撃だ。田中・安倍を倒そう」訴えた。
 8・20闘争は、西郡の住宅闘争が、新たな団結の広がりを作りだし、八尾北・西郡闘争が全国の団結と闘いの砦としてあり、勝利していることあざやかに示した。新たな団結の軸として、全国水平同盟西郡支部が立った。
 国・八尾市・執行官・大阪府警は、卑劣な8家族の団結破壊に血眼となったが完全に破産し、誰一人として切り崩すことができなかった。国・八尾市・国家権力は、団結の強さと闘いを恐れ、20日についに西郡に近づくことはできなかった。もはや強制執行が来ようが、われわれが勝利したのだ。
 この日の闘いは、8月18日から20日まで開かれた星野文昭絵画展(八尾北医療センター)と一体で闘われた。まさに、「星野さんの闘いと八尾北・西郡の闘いは一つ」だ。20日午後、星野暁子さんと八尾北労組との交流会、夜には八尾北労組、西郡支部、関西合同労組大阪東部支部、八尾北命と健康を守る会などの共闘会議と、大阪・星野文昭さんを取り戻す会との星野暁子さんを囲む交流会がおこなわれた。参加者は、暁子さんの魂の言葉に聞き入り、感動し、あらためて星野さんの再審勝利、星野さんが70歳になるまでに奪還するために全力で闘うことを決意した。

Img_3430_640x427

Img_3433_640x427

Img_3467_640x426

Img_3481_640x427

Img_3502_640x427

Img_3518_640x427

Img_3576_640x451

Img_3597_640x427

Img_3616_640x427

写真上から)、①②八尾北医療センター待合での集会、決意を語る③島瀬とよ子さん、④佃照夫さん、⑤谷照さん、⑥東京・杉並から駆けつけた狩野正幸さん。⑦谷さんが自分が住んでいる団地前でアピール、⑦供託者二人が住む33棟前でのアピール、⑧ムラの中を練り歩いた。

写真下)⑩自分が住んでいる団地前でアピールする佃照夫さん、⑪島瀬さんが住んでいた団地前(かって森本政二西郡支部書記長の住宅追い出しのときに激戦を繰り広げた噴水前)で訴える。⑫ムラ中を練り歩いて八尾北に帰ってきた

Img_3629_640x455

Img_3645_640x427

Img_3838_640x427

写真下)写真展の後、星野暁子さんを囲んでの交流会

20140820_204006_800x427

|

« 決戦の渦中で星野絵画展 | トップページ | 戦闘宣言 »

闘争報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1072969/57146058

この記事へのトラックバック一覧です: 8家族への住宅追い出し強制執行許すな!抗議行動は勝利した:

« 決戦の渦中で星野絵画展 | トップページ | 戦闘宣言 »