« 11・2全国労働者総決起集会に行こう | トップページ | 11・2労働者集会 »

2014年11月 1日 (土)

11・2労働者集会に総決起しよう

11・2労働者集会の大成功に向かって全力で闘おう!

10月24日、全関西狭山集会が、全国水平同盟西郡支部、関西労組交流センター、八尾北医療センター労組の共催の下、八尾・西郡第3集会所に全関西から95名が結集して勝ちとられた。   集会には、全国水平同盟高槻支部・植木団地労働組合が参加、部落解放闘争にとって決定的な一歩を記す集会となった。

Img_6073_1024x683

  関西労組交流センターの主催者あいさつ、婦人民主クラブ全国協、全学連の連帯のあいさつ、続いて、石川一雄さんの「再審闘争の完全勝利は、より多くの新証拠の発掘いかんにかかっている」と全証拠開示への決起呼びかける「10・31メッセージ」が読み上げられた。
 これを受けて集会の基調報告に立った久原正子全国水平同盟委員長代行は、最初に「11.2に向かって大結集を勝ちとろう。11月30日には、高槻市による植木団地で働く労働者の追い出しを絶対に許さない闘いに総決起しよう」と呼びかけた。そして7・1閣議決定と対決し、9・11郡山闘争と一体で闘った8~9月八尾北・西郡闘争を総括し、「一つの革命が西郡から始まった。勝利したのはわれわれだ」と高らかに宣言。改憲・戦争・原発・首切りの安倍を倒そう。星野闘争と一体で全証拠開示を勝ちとり、狭山第三次再審闘争に勝利しようと提起した。
 特別報告に立った全国水平同盟同盟高槻支部・植木団地労働組合の代表は、闘いを裏切った解放同盟を弾劾し、「10月20日の高槻市抗議闘争大成功しました。われわれの生活の場である植木団地を守るためにとことんいきます、11月30日には大結集して下さい」と力強く訴えた。村山裕子高槻医療福祉労組委員長は、「ともに闘う決意を込めて作った」と、新調した植木団地労働組合旗を植木団地労組へ贈呈した。ともに闘う決意を込めた拍手が鳴り響いた。
 続いて8家族が登場。佃照夫さん「石川さんへの攻撃も、住宅明け渡しも、植木団地追い出しも、全ての労働者にかけられた攻撃だ。団結の力で勝利を勝ちとろう」、谷照さん「八尾市は、悪徳弁護士を取り立て屋に雇って追い出し・更地化を進めている。新たに西郡の人たちと一緒に闘いを大きくしていく」、島瀬とよ子さん「絶対にあとへ戻るということはしません。前へ前へと進んでいく」、と元気でいきいきとした決意に熱い拍手がおくられた。
 また足の悪い高齢者Aさんが、4階から1階への福祉住み替えを闘い取った勝利報告を行った。

Img_6153_800x533

 決意表明に移り、関西合同労組大阪東部支部、教育労働者、国鉄労働者、最後に藤木好枝八尾北医療センター労組委員長は「八尾北を命の砦だけではなく革命の拠点に変えていく、そのために八尾北労組を労働組合としての労働組合に作り変えていく」と表明。森本政二西郡支部書記長が「労働者をいつでもクビにするこの世の中を倒そう」と集会をまとめた。全参加者は11・2まで、全力で組織戦に打って出ることを決意し集会を終えた。

以下に全関西狭山集会の基調報告を掲載します。

「kichouhoukoku.pdf」をダウンロード

20141024__1_566x800

20141024__8_566x800

20141024__7_566x800

20141024__6_566x800

20141024__5_566x800

20141024__4_566x800

20141024__3_566x800

20141024__2_566x800

|

« 11・2全国労働者総決起集会に行こう | トップページ | 11・2労働者集会 »

狭山闘争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1072969/57852871

この記事へのトラックバック一覧です: 11・2労働者集会に総決起しよう:

« 11・2全国労働者総決起集会に行こう | トップページ | 11・2労働者集会 »