« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月27日 (水)

明日4月28日崇仁住宅追い出し反対裁判

4月28日崇仁住宅追い出し反対裁判に集まろう

 4月28日(木) ひる13時30分~ 京都地裁208法廷
          *13時に京都地裁1階ロビー集合

 結審を前にした大事な裁判です。多くのみなさんの結集を訴えます。

20150429_153219_1024x576
(昨年4月29日に、崇仁地区で勝ちとられた総決起集会)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月26日 (火)

4月30日東三条住宅裁判報告会

東三条反動判決弾劾!追い出し絶対反対!地域丸ごとの更地化反対!

4・30東三条住宅裁判報告会に集まろう!

4月30日(土)ひる15時~
会場:
東山いきいき市民活動センター (クリックすれば地図が出ます)
    会議室302
    (京阪三条駅3~5番出口 徒歩5分)

P3280441_640x335_400x209

160403__1_724x1024

160403__2_724x1024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月23日 (土)

4・24尼崎闘争

尼崎事故11周年弾劾!

全国総決起集会に結集しよう

724x1024_2

724x1024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月22日 (金)

八尾北医療センター患者交流会

4.23八尾北患者交流会に参加しよう

724x1024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月21日 (木)

西郡国賠闘争裁判

4・22西郡国賠闘争裁判に集まろう

2016420__1_723x1024

2016420__2_723x1024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月19日 (火)

裁判所の不当取り立てを弾劾する

住宅を追い出しといて何が訴訟費用を払えダ!

10年前の訴訟費用の請求など払う必要がない!

裁判所の不当な取り立てを許すな!これこそ安倍の戦争攻撃だ!大阪地裁民事3部・長谷部幸弥裁判長を徹底弾劾する!

 私たちは、4月18日、昼休みの裁判所の四カ所の出入り口において、裁判所を弾劾するびらまきをおこなった。そして大阪地裁民事3部に行き、裁判費用の不当な取り立てに対する抗議文を叩きつけた。

                                抗  議  文
                                       
                                                          2016年4月18日
大阪地裁第3民事部 裁判長 長谷部 幸弥 様
                    裁判官  玉 野 勝則  様
                    裁判官 馬 場  梨代  様

                              全国水平同盟西郡支部
                              支部長 久原 正子
                                                             八尾市高砂町3-85-6
                                                             電話:072-991-7729

① 私たちは怒りを抑えることができない。10年以上前の訴訟費用を払えと言う決定通知書が送られてきた(下に掲載)。今ごろなにを言ってるんだ!国と八尾市と裁判所は、住民の訴えに全く耳を貸さず、高い家賃を取り立て、住宅を追い出しておきながら、なにが訴訟費用を払えだ!ふざけるな!これこそ安倍の戦争攻撃そのものだ。安倍の手先となった第3民事部長谷部幸弥裁判長らを徹底弾劾する!
② 私たちは、裁判所の訴訟費用の不当な取り立てを徹底弾劾する。裁判所は、決定を撤回し、西郡住民に謝罪せよ。
 西郡住民から「これは見せしめや、絶対に払わない!」「裁判所が10年以上請求してこなかったんやから、こっちも10年間払わんかったらええねん」「年金が10万円そこそこしかないのに2万円も払えるか」「住宅追い出しといて、なんで払わなあかんねん!」と、怒りが爆発した。当然だ!
③ 1998年、八尾市が、西郡市営住宅にすむ住民に対して、説明もなく一方的に応能応益家賃制度を導入しようとした。これに対して、私たち西郡住民は、この制度が導入されたら、家賃が高くなり、親子が一緒に住めず青年が地域から出ていき、共同体が破壊されることになると旧来家賃を供託して闘ってきた。
 2000年に、八尾市は供託者たちを裁判に訴えた。「応能応益家賃制度の最高家賃を払え」という一審判決に対して、住民は、「納得がいかない。高裁、最高裁の判断を仰ぎたい」と控訴(2003年)、上告(2005年)した。この時、印紙代など裁判費用を払うのが大変なので、裁判費用の「猶予申請」を行い、承認された。裁判の結果は、住民の訴えを全面的に否定する不当判決だった。その判決から10年以上も過ぎた今になって、この時「猶予」された訴訟費用を請求してきた。ふざけるな!
④ そもそも裁判に訴えたのは八尾市だ。判決も、住民の訴えに全く応えない反動判決だ。住民を追い出すような裁判の訴訟費用など、なんで払わなければならないのか!必要ない。
 さらに許せないことに裁判所は、一方的に決定通知書の送達費用(1072円だ!)を二回も当該の住民に請求している。ふざけるな!住民の話をまったく聞かずに支払いを決定したのは裁判所だ。なんでそんな書類の送達費用を住民が負担しなければならないのだ。
⑤ この不当な取り立てこそ、朝鮮侵略戦争切迫情勢下で起こった安倍政権による戦争攻撃だ。戦争に向けた団結破壊、労働組合運動破壊攻撃だ。
 勝利しているのはわれわれだ。いま西郡では、八尾北医療センター労働組合とともに、19年間絶対反対で闘った住宅闘争の勝利を切り開いている全国水平同盟西郡支部の闘いが、安倍政権と八尾市による西郡更地化・団結破壊を破綻に追い込み、西郡8家族の闘いを先頭にした新たな労働者住民の決起が始まっている。八尾市による供託者への一方的な分納額の3000円の値上げも、住民の怒りの決起が、八尾市住宅管理課を撤回に追い込んでいる。さらに全国水平同盟西郡支部の絶対反対の闘いが、高槻に、京都崇仁、東三条に、奈良に、全国に広がり、安倍政権・国家権力を追い詰めている。
 まさに今回の「訴訟費用の取り立て」攻撃は、この全国水平同盟西郡支部の団結と絶対反対の闘いを恐れた安倍政権・国家権力による、裁判所を手先にした西郡支部をつぶそうとする戦争攻撃だ、団結破壊だ。絶対に許すことはできない。
 いま西郡で起こっている八尾北医療センターと八尾北労組つぶし、地域を分断する道路建設、住民追い出し・団結破壊の西郡更地化攻撃と一体の攻撃だ。一審で西郡8家族に対する住宅追い出しの仮執行宣言を付けた反動判決もこの攻撃と一体の攻撃だ。
  西郡8家族はこの違法・不当な仮執行宣言に対し、現在、国賠闘争を闘っている。4月22日にはこの大阪地裁民事16部で裁判がたたかわれる。
⑥ 戦前、裁判所は、侵略戦争の一翼を担った。治安維持法をはじめとした治安立法で労働者に対して反動判決を下ろし、労働者人民の闘いを押しつぶし、戦争への国家総動員体制の先頭に立ったのは裁判所だ。いま再び侵略戦争の先頭に立とうとする裁判所を絶対に許さない。徹底弾劾する!
⑦ 私たちは、パク・クネ打倒にゼネストで立ち上がる韓国民主労総と連帯し、動労千葉、動労水戸とともに動労総連合建設を軸にゼネスト決起で安倍打倒に突き進む。戦争に反対する全国の労働者住民とともに、不当な取り立てを徹底弾劾し、粉砕する闘いに立ち上がることを宣言する。
 裁判所は、不当な裁判費用の取り立て決定を撤回し、住民に謝罪しろ!
 不当に取り立てた「訴訟費用と郵送料」を住民に返せ!
                                                                          以上

__1_724x1024

2016417__1_723x1024

2016417__2_723x1024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月17日 (日)

4・17関西交流集会に集まろう

打ち破ろう分断!取り戻そう団結!
世界の労働者は団結して闘おう!

4・17関西交流集会

724x1024_2

724x1024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月16日 (土)

4.16反原発学習会

4・16反原発集会に集まろう

労働者と住民の団結で高浜をとめたぞ!廃炉まで闘うぞ

2016416__1_565x800

2016416__2_565x800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 9日 (土)

4.9西郡こん談会に集まろう

4.9こん談会に集まろう

不当な取り立てに絶対反対で立ち向かおう

20164__1_723x1024

20164__2_723x1024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 3日 (日)

東三条住宅追い出し判決徹底弾劾

3・28東三条Bさんへの住宅追い出し判決を徹底弾劾する!

3月28日、京都地裁・牧賢二裁判長による、東三条Bさんへの許しがたい住宅追い出しの反動判決を徹底弾劾する。
判決は、家族が住んできた部屋とBさん名義の部屋の二つとも「明け渡して出ていけ」という、Bさんを路頭に放り出すというとんでもない判決です。断じて許すことはできません。
判決は、Bさんの訴えに何一つこたえず、京都市側の言い分をそのまま認めた許しがたいものです。 法廷は、牧裁判長が読み上げる判決に徹底的な怒りが叩きつけられた。牧は、1分そこそこで逃げるように法廷から出て行った。

裁判の後、直ちに弁護士会館で開かれた判決報告会は、反動判決をはね返す総決起集会として勝ちとられた。
Bさんは、「即刻控訴する」と不屈の戦闘宣言を発した。Bさんの家族もきっぱりと反動判決と闘うことを言い切った。
裁判には、西郡支部、高槻支部、作部羊平副委員長をはじめ不当弾圧を打ち破った全学連の学生も参加も決起。Bさんと共に住宅追い出し絶対反対で闘うことを表明しました。

今回の反動判決は、朝鮮侵略戦争切迫情勢の下で、京都市の住民追い出し・更地化攻撃に対して、東三条、崇仁を突破口に部落の労働者住民の決起が始まっていることへの恐怖にかられた反動判決です。しかし、6学生の闘いが示したように、また西郡の闘いが示すように、絶対反対・階級的団結を拡大して闘えば、必ず勝利できます。追い詰められているのは京都市当局であり、安倍政権・国家権力です。
Bさんと家族の不屈の決意と一つになり、東三条、そして崇仁のたたかいに勝利しよう。全国水平同盟を全国に組織しよう!

P3280597_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »