« 12月23日関西星野集会 | トップページ | 闘春、戦争と改憲阻止! 旗びらきに集まろう »

2017年12月24日 (日)

12・18狭山要請行動・東京高裁包囲デモ

12・18狭山要請行動・東京高裁包囲デモを打ち抜く

18年狭山決戦の勝利へ進撃

01411_1024x829


 12月18日、全国水平同盟と東日本解放共闘は、東京高裁に対して狭山再審を求める要請行動と東京高裁包囲デモに起ち上がりました。

 午前10時からの要請行動では、全国水平同盟杉並支部、西郡支部、高槻支部、崇仁・東三条支部、動労水戸、東京の各労組交流センターなど11団体の要請書を読み上げ、杉並支部が集めた狭山署名と共に東京高裁植村裁判長に提出しました。すべての団体が、昨年8月に出された下山鑑定で「万年筆」が被害者の物ではないことが明らかになった以上、直ちに下山鑑定の事実調べを行い、再審を開始せよと、強く迫りました。対応した訟廷管理官らは、一言も発することができず、押し黙ってうなだれていました。寺尾判決が有罪の最重要

00912

証拠とした「万年筆」がにせ物であることを暴いた下山鑑定は、石川さん無実の決定的な証拠です。「事実認定は証拠による」という、その証拠がねつ造されたも のであれば、事実認定は取り消されなければならないのです。下山鑑定は裁判所をグイグイと追い詰めています。要請団は、石川さんと固く連帯して、いまだに事実調べ・再審を拒否し続ける植村裁判長を弾劾し、再審勝利まで闘うことを宣言して要請行動を終えました。

0311_1018x760

 正午、再度、日比谷公園の霞門に結集し、東京高裁包囲デモに出発。デモに先立って、水平同盟高槻支部、広島解放共闘、動労千葉、動労水戸、星野再審連絡会、全学連が決意を表明。約50名のデモ隊は横断幕を先頭にのぼりを林立させ、元気よくデモを行いました。裁判所前ではアピール行動を行っていた石川さんや支援の人たちと合流し一緒になって、腕を突き上げ「下山鑑定の事実調べを行え」「再審を開始しろ」「石川さんとともに闘おう」とシュプレヒコールをくり返しました。

 今年3回目となった今回の要請行動と東京高裁包囲デモは、18年の狭山闘争勝利にむけた扉を開きました。全国水平同盟と解放共闘の闘いが今こそ求められています。

 22日、植村稔裁判長の異動が明らかになりました。後任は大阪高裁の後藤眞理子裁判官。下山鑑定で敵はグラグラになっています。18年狭山決戦の勝利へ、共に闘いましょう。

|

« 12月23日関西星野集会 | トップページ | 闘春、戦争と改憲阻止! 旗びらきに集まろう »

狭山闘争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1072969/72533499

この記事へのトラックバック一覧です: 12・18狭山要請行動・東京高裁包囲デモ:

« 12月23日関西星野集会 | トップページ | 闘春、戦争と改憲阻止! 旗びらきに集まろう »