青年部のたたかい

2012年6月13日 (水)

6.16青年交流集会に参加しよう

6・16西郡青年交流集会から青年労働者の団結を拡大しよう

「スピリット」に西郡支部青年部長・佃文弘君のアピール掲載。

10_724x1024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

9.24西郡青年交流会に参加しよう

9月24日(土)西郡青年交流会に集まろう

<9.14八尾市大抗議行動での青年部長・佃文弘君の訴え>

全国連西郡支部青年部部長の佃です。

住宅明け渡し大阪高裁反動判決、供託者に対する全額納付、入居契約の解除の催告書に対し、

そして八尾北医療センター明け渡し、絶対許さない!私たちは八尾田中市政、そして八尾市と結託して西郡更地化・廃村攻撃を進める解同本部派吉村議員、その手先となっている地区協を徹底的に弾劾します。 360万人の大量首切り、非正規職化を進めている中、八尾市は800事業民営化と非正規職化に突き落とす攻撃を進め、労働者を分断するために労働者の団結破壊や労働組合つぶしが強まっています。3.11の大震災により道州制=新自由主義攻撃が一段と加速しています。もう労働者が生きていけなくなっていると言う現実が起こっています。

1_2

今、国や資本家が生きのびる為に医療を奪い、教育も奪い、保育も奪い、ありとあらゆる民営化攻撃、そして公務員

しかし私たちの14年間たたかってきた住宅闘争、裁判によってはっきりさせてきました。

八尾市がしてきた政策の本質、嘘と騙しと脅しをあばいてきました。

国・行政・資本家は私達を恐れながらもやってくるその攻撃は私たち部落民・労働者を食い物にし、生き延びる姿は128の住宅明け渡しの不当判決によって明らかになりましたし裁判所も腐れ、破綻そのものでした。私たちのたたかいで国、資本、そして八尾市を追いつめています。

全世界で学生や青年の怒りが爆発し立ち上がってきています。青年にこそ社会を変える力があり未来をきりひらく力があります。私達青年が声をあげれば必ず響きます。響けば応えてくれます。この世の中をひっくり返せる力が必ずできます。そのためには、となりの仲間を信じることです。そのために私たちも仲間向き合って呼びかけていきます。そして何としてでも西郡1000名の建設に向け青年部も一丸となって前進します。最後に今、声を上げなかったらいつ上げる!八尾市の自治体労働者のみなさんに呼びかけたい!勇気をだしてみんなで声をあげよう!そして団結しよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 1日 (金)

西郡の青年は7.2青年交流会に集まろう

7.2西郡青年交流会に参加しよう

__1_566x800

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

5.22関西狭山集会に参加しよう

4月23日八尾市議選最終日に行われた西郡支部青年部の練り歩きの時に、住民に訴えた佃青年部長のアピールを掲載します。

<青年アピール>

西郡の青年・住民のみなさん!おはようございます。(こんにちは)

全国連西郡支部青年部です。私、部長の佃が選挙に向けて訴えます。

自分たちで未来をつくっていかなければなりません。

「誰かがしてくれる」また「誰かにおねがいする」という時代は

終わっています。そして、まずこの地域で一番必要な議員は誰なのか

確認してほしいと思っています。確認し

私たちの力で選挙戦を勝ち取りたいと思います。

青年にこそ未来を切り開く力があります。みんなと手をつないで頑張りたいと思っています。

Photo


さて、私は応能応益家賃制度反対、住宅の追い出し・民営化の反対で

供託して14年間、闘ってきました。今や団結は拡大し、八尾北医療

センター労組と一緒に生きるために、私たちの住宅、職場、医療を

奪い返そう!と闘っています。あきらめず闘えばその先には必ず勝利があります。

この闘いによって、解放同盟本部派の幹部・地区協は八尾市とグルになって西郡を支配し、解体すると言うことが明らかになりました。

解放運動そのものを解体し、行政と結託して民営化の手先になり、

警察権力を使い、反対する住民を攻撃してきています。

西郡を支配して差別を使って利権を得る団体に腐りきっています。

見ればわかると思いますが西郡はバラバラにされ、若者は追い出され、

保育所・診療所・老人センターは売り飛ばされようとしています。

それだけではありません。

応能応益家賃制度によって追い出されているのに、子供の人数が少ない

からと言って桂小学校・桂中学校を統廃合する。ふざけるな!そんな事、絶対に許してはいけない。府営住宅も半分に減らすと大阪府は打ち出しています。本当に許せない。この問題は私たちと全く同じ問題で、同じ闘いです。この住宅(団地)は私たち労働者が建てさせた住宅です。

私たちの住宅・職場・病院・学校・保育所です。全部、取り返して

住民・青年の力・団結で、この選挙で世の中を変えましょう。

さて3月11日東日本大震災・大津波が起こりました。

「東日本大震災は予想をはるかに超えた」と言っていますが、

そうではないと私は思っています。

国がとってきた政策による被害・犠牲が拡大した人災です。私たちは

悲しんでいる場合ではありません。もっと悔しい気持ちをもって、怒りを放ち、たたかおう!と呼びかけたいと思います。

みなさんは、なぜ人災を引き起したのかわかりますか?

 まず、第1に資本家や国の政策によって作りだされたということです。

今まで安全でクリーンエネルギー・世界一の技術と言われてきた原発

ですが、全部嘘っぱちです!でたらめです。嘘をついて原発を世界中に売り込み金儲けをし、核武装するために推進しています。

これが菅政権が進めている新成長戦略の実態です。住民(労働者)の

命など考えていないし、東京電力の労働者に責任を押しつけています。

また農地が放射能に汚染され、海には高濃度の放射能が排出され、農民や漁民そして労働者とその家族が生きて行けない現実に叩き落とされて

います。もう労働者の怒りが爆発しています。私たち同じ労働者として

本当に許せないし、怒っています。あの原発の姿こそが国、資本家の破綻

した姿だと思っています。

もはや国・資本家には労働者を助ける力などありません。

私たちが持っている労働者の団結の力にこそ助ける力があると考えます。

 第2にありとあらゆるものを民営化にし、人と人との絆が奪われ、

また労働者の団結が奪われ医療も住宅も学校も奪われているという人災です。被災地でも行われている公務員の民営化により役場が成り立たなくなっています。こんな事を許してはいけない。

この八尾市でもまるごと800事業民営化を進めています。そう!公務員360万人首切りが始まっているのです。私たちは、これに反対し、仕事・住宅・医療・保育・教育・人の絆を奪うこんな社会を終わらせ、労働者、住民の手でこの世の中を作り出すたたかいを拡大させて、この勢いで八尾市政をたおそう。そして被災地労働者、住民と連帯し団結して選挙を勝ち取りましょう。

最後に、私たち西郡支部青年部は、ありとあらゆる分断・差別を打ち破り、

労働組合と一緒に闘い、そして絶対反対の団結で新自由主義と真っ向から闘う新しい部落解放運動を突き進みます。青年はぞくぞくと立ち上がって

います。みんなの団結の力で八尾市から政治を変えましょう。

団結に勝るものはありません。みんなでがんばりましょう。(以上)

5.22膳関西狭山集会

明日2時から、全関西狭山集会を行います。みなさんの参加を呼びかけます。
石川一雄さんの、不当逮捕48ヵ年への怒りのアピールが発せられています。石川さんの闘いに応え、ぜひ5月22日西郡の幸第2公園(雨天の場合は、桂人権コミュニティセンターに変更)にお集まり下さい。

             全 関 西 狭 山 集 会 要 項

■石川一雄さん不当逮捕48ヵ年糾弾! 
  第三次再審闘争勝利!
■八尾北医療センターの明け渡しを許さないぞ!
■西郡住宅闘争勝利! 
■震災解雇許すな!全ての原発を止めよう!
■国鉄1047名解雇撤回!
  6・5国鉄闘争全国集会に総結集しよう!
  ◎と  き 5月22日(日)ひる2時
◎ところ 西郡幸第二公園
     ※集会後デモを行います。
 (雨天の場合「桂人権コミュニティセンター」)
 主催 部落解放同盟全国連西郡支部/八尾北医療   センター労働組合/ 関西労働組合交流センター

いよいよ明日は選挙投票日です。私たち自身で真実を聞き分ける力を持ち

| | コメント (0) | トラックバック (0)