労働運動

2017年6月 6日 (火)

6月11日0国鉄闘争全国運動全国集会ー共謀罪阻止闘争

6月11日10時半共謀罪粉砕デモー午后1時国鉄闘争全国運動6・11全国集会に集まろう

2017611_727x1024
*13時からの国鉄集会の前に共謀罪に反対する集会とデモがあります。
  こちらも全力で取り組みましょう

725x1024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6・1関合労3人のデッチ上げ起訴弾劾!即時保釈を勝ちとる

許支部長と二人の組合員の保釈勝ちとる

6月2日午後、許支部長と一人、5日午後もう一人の組合員の保釈勝ちとる!元気に奪還されました!春闘行動で申入書を会社に提出するために会社に入ったことを罪とした労働運動への大弾圧を絶対に許すことはできません。

 この弾圧が、階級的労働運動をつぶすどころか、爆発の導火線となり、国家権力と資本の狙いを粉砕する階級的労働運動の発展を叩き付けてやろうではありませんか。
 神戸地裁による3人の接触禁止という保釈条件弾劾!労働組合の団結権の侵害が、断じて許すことはできない!三人の裁判闘争の勝利を勝ちとろう。

以下関西合同労組のブログ(クリックすればブログに飛びます)から転載

春闘統一行動をめぐる「建造物侵入罪」弾圧で5月12日に逮捕された、関西合同労働組合阪神支部の許用皓(ホヨンホ)支部長をはじめ3組合員の保釈・奪還を、6月2日についにかちとりました。広島弾圧で不当逮捕された同志の勾留理由開示公判の最中に飛び込んだ保釈決定の一報は、広島弾圧粉砕にとっても勢いとなり、参加者全体が高揚しました。労働者階級がいかなる弾圧にも屈せず明るく団結して闘う姿が国家権力を追いつめて強制した勝利です。
 3組合員の完全黙秘・非転向の闘い、接見・弁護体制と一体で連日の街宣・デモが取り組まれました。弾圧粉砕闘争は多くの労働者の心をつかみ、共謀罪そのものとも言える弾圧への怒りが日々広がりました。階級的団結の強まりが国家権力・神戸地裁・神戸地検を追いつめていったのです。

 神戸地裁は、足腰が悪く持病がある許支部長の医療面会要求すら却下し続け、分断と孤立化のもとで身体的苦痛を強制してきました。5月29日の勾留理由開示公判でも、当日になって自らの決定を覆して分離公判を指揮し、さらにベスト風の拘束具と手錠でがんじがらめにして出廷させるなど屈辱と恐怖を与えようと襲いかかってきました。
 しかし、3組合員を先頭とした反撃で起訴後即座の保釈をかちとりました。
 今回の関合労弾圧は、3月31日に結成した私たち近畿救援会(関西合同労組は参加構成団体)が初めて経験した弾圧であり、弁護士とも団結し闘い抜きました。あらゆる場面で完黙・非転向を貫き、労働者階級の団結の拡大で総括し弾圧を粉砕していく闘いなど、悪戦苦闘しながら闘いました。
 神戸地裁は、許しがたいことに3組合員の接触禁止を保釈条件とし、さらなる分断攻撃に打って出てきました。この攻撃を粉砕し、3組合員の無罪をかちとるぞ。
                                                       (近畿救援会・本山圭一)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

許さんら三人の起訴を弾劾する

許支部長ら三人の関合労組合員の起訴を徹底弾劾する!直ちに釈放せよ!

 神戸地検、兵庫県警・西宮署は、6月1日、許しがたいことに許支部長と二人の関合労阪神支部の組合員2人を起訴しました。断じて許すことはできません。この弾圧は、朝鮮侵略戦争切迫情勢の下で、労働運動・労働組合をを潰そうとする国家権力の不当な治安弾圧であり、全ての労働者にかけられた弾圧です。さらに共謀罪の先取り弾圧です。絶対に許さないぞ!
神戸地検・兵庫県警に労働者人民の怒りを叩き付け、三人の保釈を勝ちとろう。

5月29日勾留理由開示公判に元気に出廷、兵庫県警と裁判所を徹底弾劾!

P5292648_800x600

5月29日、神戸地方裁判所大法廷で開かれた拘留理由開示公判。当初、3人一緒の統一公判を了承していた裁判所は、当日朝突然に1人ずつのバラバラの公判に変更しました。3人の団結を恐れた許しがたい暴挙です。
 午後1時からの30分ずつの一人一人の公判に、多数の仲間は全力で激励を行いました。
 裁判官は、弁護士の追及に対し、何一つ「拘留の理由」を説明せず、警察の言いなりで延長を決定したことを暴露しました。

 三人の仲間は、元気に出廷し、大法廷を埋め尽くした支援の傍聴団と感動的な合流を果たしました。
 法廷では、許支部長が、怒りに燃えて渾身の意見陳述を行い、労働運動への警察権力の不当な弾圧を絶対に許さない、不当弾圧に加担する裁判所を徹底弾劾しました。

写真は、勾留理由開示公判後の総括集会の写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

神戸地裁、兵庫県警は、許さんと二人の労働者を直ちに釈放せよ

許さんら3人組合員を直ちに釈放せよ

800x565
神戸地裁による長期勾留決定弾劾!

許さんら3組合員を直ちに釈放せよ!・

神戸地裁による準抗告却下・勾留延長弾劾!直ちに釈放しろ
 労働者のみなさん! 地域のみなさん! 5月12日、関西合同労組阪神支部許支部長ら組合員3名が兵庫県警によって不当逮捕されました。「かねひろ運輸」(西宮浜)での申し入れ行動が「建造物侵入罪」だというのです! 3組合員の完全黙秘のたたかいに追い詰められた神戸地裁は許支部長への医療面会と3名の勾留取り消しの準抗告を却下し、10日間の勾留延長を決定(5月22日)しました。断じて許せません! 許支部長は「人間らしく生きようと労働運動に身を投じてきた。自分の誇り、尊厳をもって、身体的苦痛が大きい中でも最後まで頑張る」とあらためて決意を固めています。神戸地裁はただちに3組合員を釈放しろ!

●共謀罪を先取りする朝鮮戦争反対と労働運動への弾圧は許せない! 朝鮮侵略戦争阻止・共謀罪粉砕へ
 今回の弾圧は、安倍政権が推し進める「共謀罪」の先取りです。共謀罪は米トランプ政権とともに朝鮮半島への戦争に総動員するための治安弾圧法です。許支部長を先頭に関西合同労組阪神支部は国鉄闘争・動労千葉、パククネを打倒した韓国民主労総と団結をして朝鮮半島への戦争と非正規労働とたたかってきました。労働者が弾圧に屈せず、団結を崩さなければ戦争は絶対に止められます。ともに立ち上がってください。

救援カンパにご協力を! 三井住友銀行阿倍野支店 普通7514725 関西合同労働組合

写真は5月20日西宮署包囲闘争

P5202202_800x600

P5202213_800x600

P5202246_800x600

P5202308_800x600

P5202322_800x600_2

P5202332_800x600

P5202472_800x600

続きを読む "神戸地裁、兵庫県警は、許さんと二人の労働者を直ちに釈放せよ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月30日 (日)

5・1メーデーに結集しよう

朝鮮侵略戦争阻止!総非正規職化・労働法制改悪絶対反対!

             労働者の国際連帯で闘おう!

朝鮮侵略戦争が切迫しています。戦争を止める力は労働運動にこそあります。
国鉄闘争30年をつらぬいてきた力と、国際連帯で戦争を阻止し、民営化を阻止し、労働者の総非正規職化をうちくだこう!動労西日本の呼びかけにこたえて、わたしたちは、大阪市役所南の中之島公園女神像前にあっまって、闘うメーデーの集会とデモを行います。ふるってご参加ください。

Img05147_566x800

566x800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火)

3/25こん談会-3/29八尾市申し入れ行動に連続決起しよう

3・29八尾市申し入れ行動に立ち上がろう

「2017325.pdf」をダウンロード

2017325__1_723x1024

2017325__2_723x1024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

3月5日国際婦人デー集会

2017年3・8国際婦人デー集会

労働者・女性に力あり! 戦争を革命へ

3月5日(日)午後1時半~3時半

エル大阪606号室(本館6階)

*集会後、中之島から梅田までデモをします

38_724x1024

Img04589_724x1024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月28日 (火)

ストライキ支援闘争

動労西日本ストライキに全力で支援闘争に立ち上がろう!

2月28日8時20分JR京終駅に結集しよう

動労西日本のストライキ関係のチラシを掲載します。

201_724x1024

Honbujoho200_723x1024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月12日 (金)

8・5-6ヒロシマ

8・6広島 朝鮮戦争阻止・安倍内閣倒せ ヒロシマ大行動 大集会・デモに950人 日韓労働者が熱い連帯

P8060127_800x332

週刊『前進』2770号01面より転載 (クリックすれば「前進」へ)

被爆71年の8月6日、広島で改憲と朝鮮戦争・核武装の安倍改造内閣打倒の闘いの火ぶたが切られ、「ゼネストと国際連帯で戦争も基地も原発もなくそう」という熱い呼びかけが発せられた。

P8060073_560x420

P8060085_560x420

5日の動労西日本のストライキに始まり、各産別労働者集会と青年労働者集会、学生集会、6日の原爆ドーム前集会と安倍の式典参加弾劾デモ、8・6ヒロシマ大行動が高揚し、闘いは長崎へ引き継がれた。この地平から改憲阻止8・14大集会の成功をかちとり、労働法制大改悪と改憲粉砕の今秋決戦、日韓労働者が呼びかける11月東京・ソウル・全世界共同行動へ進もう。
 6日昼から広島県立総合体育館で「被爆71周年8・6ヒロシマ大行動大集会」が950人の参加で開催された。オープニングの「希望診療所」「ソリダリティ」の歌に続き、「安倍政権反対」とメッセージを書いて朝のデモに参加した中学3年生が「戦争で将来の夢を奪われたくない。私たちの力で暴走している政府を止めましょう。核をなくしましょう」と飛び入りアピール。

高揚の中、8・6ヒロシマ大行動共同代表で被爆2世の中島健さんが開会あいさつ。中島さんはオバマと安倍を広島に引き入れ「平和宣言」でオバマ発言を引用した松井市長を弾劾し、核武装を狙う安倍政権打倒と朝鮮侵略戦争絶対阻止を訴えた。

広島と長崎の被爆者が訴え

 被爆者の訴えは、大行動共同代表の吉原美玲子さん、NAZENナガサキの城臺美彌子(じょうだいみやこ)さん。ともに、核ボタンを携えて広島に来たオバマへの怒りを語り、吉原さんは「声を大にして行動しましょう。安倍政権はいらない!」、城臺さんも「世界・韓国から見られています。日本の労働者の皆さん、一緒になって平和をつくるため頑張りましょう」と熱く呼びかけた。
 「ヒロシマ―沖縄―福島の怒りをひとつにゼネストで原発・基地・戦争をなくそう!」「国際連帯で朝鮮戦争・核戦争阻止!」「改憲・戦争・核武装の安倍を倒せ!」をメインスローガンに掲げた大行動の基調提起を、大行動事務局長で広大生協労組書記長の谷口恭子さんが行った。「1950年8月6日、朝鮮戦争下で一切の平和集会が禁止された広島で、在日朝鮮人とともに実力で反戦集会がかちとられた。この闘いを引き継ぎ発展させてきた8・6ヒロシマ大行動を核と戦争を絶対に許さない国際連帯の行動として闘おう」と訴えた。さらに、今年の大行動が動労西日本のストライキと一体でかちとられた意義を強調した谷口さんは、自らの職場の労災闘争を語り、「職場から分断や困難をのりこえて団結をつくり労働法制改悪・改憲を阻止しよう」と訴えた。最後に「この時代を戦争・核戦争による破滅ではなく、労働者が主人公となる新しい時代、人間的な共同性を取り戻す希望の時代に転じよう。民主労総のゼネストと一体となって職場・学園・地域から国際的なゼネスト、11月国際共同行動に進もう」と呼びかけた。

福島、沖縄と怒りを一つに

 続いて、福島から福島診療所建設委員会の佐藤幸子さん、ふくしま共同診療所の布施幸彦院長、沖縄から沖縄大学学生自治会の赤嶺知晃委員長が発言した。布施院長は帰還政策に対し、特に東京での自治体労働者を始めとする労働者の決起が必要だと呼びかけた。
 ドイツ・ゴアレーベン核廃棄物処分場反対同盟役員のケアスティン・ルーデックさんからの「原子力の平和利用など存在しない。原発はいらない。戦争反対!」のメッセージが読み上げられた。またこの日、獄中42年目に突入した無実の星野文昭さん(徳島刑務所在監)の「階級的労働運動と国際連帯で核・原発、改憲・戦争を打ち破ろう」というメッセージを、つれあいの星野暁子さんが紹介した。

P8060148_560x420

 今年も韓国・大邱(テグ)から城西(ソンソ)工団労組の2人の労働者が来日。パクギホン副委員長が「反戦反核はこの時代の基本命題であり、労働者が先

P8060150_560x409_2

頭で実践しなければならない。サードが配備される星州(ソンジュ)はソンソ工団から30分の距離です。弾圧・差別されるところであり、これまでも今もこれからもともに闘います。闘争、また闘争! 労働者階級の解放は労働者自身によって獲得されなければならない。全世界の労働者民衆よ、団結せよ。闘争(トゥジェン)!」。全参加者が声を一つに「トゥジェン!」とこぶしを上げた。
 被曝労働拒否を闘う労働組合から、愛媛県職員労働組合の宇都宮理委員長と動労水戸の高野安雄副委員長が発言に立った。

P8060162_560x420

被曝労働拒否闘う労組から

 宇都宮さんは「労働運動の力で伊方原発再稼働を絶対に止める」と決意を述べ、高野さんはJR東労組が常磐線全線開通に率先協力していることを弾劾し、動労水戸―動労総連合の被曝労働拒否の闘いで全線開通を阻止すると宣言した。
 島根人類愛善会の松浦武生会長が改憲阻止のアピールを行い、地元広島から8・5ストライキで8・6闘争の先陣を切った動労西日本の岡崎昭夫組合員、高陽第一診療所労組の森末一義委員長、広教組組合員の倉澤憲司さん、広島大学学生自治会の森田寛隆委員長がそれぞれ決意を語った。
 「日韓労働者の連帯で朝鮮戦争・核戦争を絶対に阻止する決議」を大行動共同代表の室本けい子さんが提案し、満場の拍手で採択。最後に大行動共同代表の大江照己さん(動労西日本委員長)が閉会のあいさつ。灼熱(しゃくねつ)の太陽が照りつける広島の街へデモに出発した。

P8060166_560x413

 警察の不当なデモ規制にもかかわらず続々と飛び入り。ネットで調べて参加したという、民主労総

ゼネストに連帯して闘っているオーストラリアの労働者たちも合流、国際連帯の輪を広げた。
 デモを終え、平和記念資料館前で全学連の斎藤郁真委員長が「闘いは新たなステージに入った。日韓労働者が呼びかける11月世界共同行動へ! 闘えば勝てることを示すために京大で無期停学処分撤回をかちとる。私たちこそが夢を語り、次の社会を語る人格として登場していきましょう!」と呼びかけ、団結ガンバローで大行動を締めくくった。

P8060246_560x420

P8060297_560x420

P8060405_560x420

P8060435_560x443

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月20日 (水)

7・24関空反対全国闘争

労働者のストライキで、戦争も軍事使用も止めよう!

7・24関空反対全国闘争に結集しよう

   戦争反対!改憲・労組破壊の安倍打倒!関空の軍事使用反対!
   関西空港反対全国集会
   と き 7月24日(日)13時集合、13時半開会
   ところ 
泉佐野市末広公園(クリックすると地図が出ます) 
   主 催:関西新空港反対泉州住民の会
        関西労働組合交流センター   

20160724__1_565x800

20160724__2_565x800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧