全国水平同盟高槻支部

2016年11月21日 (月)

11・27植木団地2周年闘争

11・27植木団地2周年全国闘争に総結集しよう

「uekinishuunenntousou.pdf」をダウンロード

__1_1024x725

__2_1024x725

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月16日 (水)

11・14弾圧粉砕!11・27植木団地全国闘争へ総決起しよう

11・14国家権力・高槻市による全国水平同盟高槻支部・植木団地労働組合への弾圧徹底弾劾!

植木団地闘争の勝利的前進を恐れた大阪府警公安三課は、11月14日、全国水平同盟高槻支部・植木団地労働組合のAさんを道路運送車両法違反容疑で逮捕した。断じて許すことはできない。全国水平同盟はこの弾圧を満腔の怒りを込めて徹底弾劾する!
Aさんと地域の仲間の闘いによって、大阪府警を追いつめ、翌日釈放を勝ちとりました。

今回の弾圧に対して、11・27植木団地闘争の大爆発を叩きつけてやろう。全国からの結集を訴えます。

以下に、11月16日高槻市役所でまいたビラを掲載します。

大阪府警に不当逮捕されたAさんの釈放を勝ち取ったぞ!

高槻市は植木団地の追い出しをやめろ!

●大阪府警公安三課による弾圧を許すな! 
 高槻市のみなさん! 大阪府のみなさん! 本当に許しがたい弾圧が起きました。
 11月14日、植木団地闘争の勝利を恐れた大阪府警公安三課は、全国水平同盟高槻支部・植木団地労働組合のAさんを道路運送車両法違反容疑で逮捕しました。微罪で仲間を逮捕し、闘争破壊を企てました。
 おまけに、事件と全く関係の無い植木団地の事務所を6時間に渡って強制捜査し、園芸協同組合の通帳や帳簿などを押収しました。
 しかし、あまりにもデタラメな逮捕であったため、Aさんを一夜で釈放せざるをえなかったのです! 闘いを潰すことだけを目的とした今回の弾圧は、絶対に許せません!
●植木団地の闘いは、「団結の砦」!
 このデタラメな弾圧は、追いつめられた高槻市を、国家権力が救済するために行った弾圧です。
 植木団地の闘いは、差別を煽って労働者を分断しようとする高槻市の攻撃をうち破って、多くの労働者や市民が共に立ち上がる「団結の砦」としてそびえ立っています。その団結した闘いが、裁判でも高槻市の主張を崩壊させ、高槻市と国家権力を追い詰めています。
 こうした中で、闘う拠点を潰すために、公安警察(戦前の特高警察)は、Aさんを不当逮捕したのです。
●11・27植木団地二周年闘争に集まろう!
 私たちと、ともに闘う労働者の強固な団結で、弾圧を粉砕し、勝利しました! 労働者・市民が団結すれば、「命より金」の新自由主義を打ち倒すことは、必ず出来ます!
 11月27日に植木団地では「植木団地追い出し絶対反対! 二周年闘争」を行います。韓国労働者の100万人のゼネスト決起と連帯して、この社会を根本的に変えましょう。植木団地に心を寄せる全ての皆さん! 是非、二周年集会に集まってください。共に闘いましょう!

「弾圧粉砕ビラ.pdf」をダウンロード

800x566

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月30日 (月)

11・30植木団地裁判に集まろう

11・30植木団地裁判闘争に結集しよう

11月30日(月)午後3時大阪地裁201号大法廷
        午後2時半から裁判所別館前で傍聴券の配布があるので、2時半には集まって下さい。

11・22植木団地一周年闘争-11・26高槻市役所弾劾闘争に連続決起

Kimg0964_640x480

Pb220006_640x470

全国水平同盟高槻支部・植木団地労働組合の代表が、11月30日の一周年への戦闘宣言、以下の「報告と決意」を読み上げた。

724x1024

Pb220023_640x395
全日建連帯労組関西地区生コン支部の地域の労働者も参加、ともに闘った。

Pb220046_640x473
全国水平同盟は、本部を先頭に、西郡支部、杉並支部、京都・東三条の仲間も決起。

Pb220096_640x485

Kimg1013_640x480

Pb220107_640x471

Pb220198_640x480

11・26高槻市抗議行動

Pb260082_640x480

Pb260152_640x480
高槻市に対して植木団地の使用料を受け取れと申し入れようとしたが、高槻市は庁舎に入ることを妨害し、受け取りも拒否した。断じて許すことはできません。植木団地の労働者使用料を供託して新たな闘いに立ち上がっています。.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月16日 (月)

11・22植木団地一周年闘争に総決起しよう

植木団地一周年闘争-11・30植木団地裁判に総決起しよう

植木団地追い出し絶対反対!
自主管理闘争で誇り高く生きぬくぞ!

11月22日(日)午後1時
植木団地(大阪府高槻市川添1丁目)

 
JR高槻駅、阪急高槻市駅から高槻市営バス「富田団地行き」で「富田団地中央」下車、北西へ徒歩5分
主催 植木団地労働組合/全国水平同盟高槻支部

11_800x537

 11・1労働者総決起集会に決起した植木団地労働組合・全国水平同盟高槻支部

724x1024

151122_724x1024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月11日 (土)

4・14植木団地第一回裁判

4・15植木団地第1回裁判に行こう

全国から駆けつけよう

「20150409植木団地裁判ビラ.pdf」をダウンロード

20150409__1_723x1024

20150409__2_723x1024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 6日 (金)

高槻市による3月議会への植木団地追い出しのための「訴え提起」議案提出弾劾

月15日大阪地裁に結集し、高槻市による団結破壊と植木団地追い出し攻撃を全国の労働者の力で打ち破ろう!

高槻市は、3月3日から始まった高槻市議会3月定例会において、植木団地追い出しのために、裁判に訴えるための議案「議案第 39 号『土地建物明渡等請求の訴えの提起』」を提出した。断じて許すことはできません。
高槻市は、議案の趣旨として、「旧植木団地の土地及び建物を不法に占有している高槻市富田園芸協同組合や組合員などに対し、土地建物所有権に基づく土地建物明渡請求に係る訴え及び建物収去土地明渡請求に係る訴え並びに不法行為に基づく使用料相当額の損害賠償請求に係る訴えを提起する」などととんでもない内容を述べています。植木団地で働く労働者・植木団地労働組合と全国水平同盟高槻支部の仲間を、裁判所に訴えて、追い出そうとしているのです。断じて許すことはできません。
植木団地労組と高槻支部が、植木団地の使用不許可決定の取消を求めて訴えた裁判の第1回口頭弁論が、4月15日午後3時から大阪地裁で始まります。法廷は、西郡の住宅裁判でも闘った202号大法廷です。全国から全力結集をお願いします。

「uekidanchibira.pdf」をダウンロード」

220__1_800x566_2

220__2_800x566

続きを読む "高槻市による3月議会への植木団地追い出しのための「訴え提起」議案提出弾劾"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月18日 (水)

2・20高槻市植木団地総決起集会に集まろう

2・20植木団地総決起集会に集まろう

「2.20案内状.pdf」をダウンロード

槻市富田園芸協同組合は、高槻市の植木団地使用不許可決定の取消を求めて2月6日提訴しました。高槻市と解放同盟の卑劣な団結破壊をはね返し、高槻支部と植木団地労組は、団結を守って闘っています。
裁判闘争勝利に向かって、2月20日、植木団地総決起集会が呼びかけられています。全力で参加しよう。

20_725x1024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 5日 (金)

11・30植木団地闘争大高陽

高槻・植木団地追い出し絶対反対ののろしあがる

「植木団地追い出し絶対反対!安倍を倒せ!全国総決起集会」が、高槻市が明け渡し期限と通告してきた11月30日、植木団地の真っ只中で開催された。入り口には、「植木団地を守るぞ」の赤いのぼり旗がずらっとならび、2階建ての団地事務所の壁には集会スローガンの下に「義理、人情、団結」と書かれた横断幕がかかげられ、演壇には植木団地労働組合旗と全国水平同盟高槻支部旗が掲げられた。
 植木団地労働組合員や家族のみなさんを先頭に、高槻医療福祉労働組合や大阪北部ユニオンなど地域の労働者が総結集して早朝から準備が進められた。太鼓が鳴り響き、酒樽がおかれ、餅つきの準備などが進められる中、周辺住民が何人も植木団地に顔をだし「ビラをみた。頑張って」と声をかけてくれた。全国からも次々と多くの仲間がかけつけ、13時から290名の結集で集会が始まった。

1130_640x480

冒頭、高槻市富田園芸協同組合、植木団地労働組合、全国水平同盟高槻支部の「3本の矢」の先頭に立つ植木団地労働組合の労働者全員が次々に登壇し、力強い決意表明を行った。「高槻市や市議・府議を巻き込んだ解同などの敵対・切り崩しの中で闘っている」「今日はわれわれの生まれ育った地元(富寿栄住宅・高槻市富田の解放住宅)にデモ行進にいって闘います。」「われわれが笑うときまで闘います」、「植木団地のために集まっていただいてありがとうございます」「ここで生活したいので勝ちぬきたいと思います」と、すべてを獲得する闘いを11.30をもって開始することを口々に明らかにした。その中で、切り崩し攻撃を打ち破って新しく結集した仲間も紹介された。 

植木団地労働組合の発言を受けて、全国水平同盟本部役員久原正子さん、住宅追い出し強制執行と真っ向から闘い団結を拡大して闘った8家族が、8.26強制執行のデタラメ性をあばき、国を打倒する国倍訴訟をに決起することを表明し、植木団地労働組合、全国水平同盟高槻支部と団結して闘う決意を表明した。

Dsc_0073_640x429_2

20141130_133100_640x376

1130_640x480_2

続いて、全水同盟杉並支部、八尾北医療センター労働組合、地元の高槻医療福祉労働組合と大阪北部ユニオン、関西合同労組、全国機械金属労働組合港合同、動労千葉、動労水戸、広島連帯ユニオン、全学連から京都大学同学会書記長・作部羊平くんと11.2不当弾圧を粉砕た二人の京大生が登壇し共に闘う決意が熱く表明された。

植木団地労組の青年2人がカンパアピールを行い、最後に「我々は、植木団地から一歩も退かず、今日を突破口に新たな闘いに挑戦していくことを高らかに宣言する」と闘争宣言(別掲)が読み上げられた。

640x422

 

1130_640x475

デモは、住民の追い出し・更地化攻撃にさらされている富寿栄団地にむかって行われた。団地でデモ隊に手を振って応える人、「植木団地で働いていた。植木団地の追い出しをはじめて知った。許せない」と声をかける人、植木団地まで一緒にデモをする人もでました。全国水平同盟高槻支部建設の展望もみえた!闘いはこれからだ!

640x480

モ終了後、つきたての餅や焼きそば、田中機械の地ビールや地酒が振る舞われ、太鼓が鳴り響く中で、植木団地労働組合と全国の労働者との堅い団結をうち固めました。鈴木たつお候補を押し立て衆議院選挙闘争を闘い、労働組合の団結で、安倍を打倒し、労働者が主人公となる社会をつくるための重大な挑戦が、植木団地労組とともにはじまりました。

以下当日読み上げられた闘争宣言を掲載します。

 

闘 争 宣 言

 

 2014年11月30日、高槻市が植木団地明渡しの期限と決めつけていたこの日がやってきた。しかし、我々は、絶対に植木団地を明け渡さず、守り抜くためにとことん闘いぬくこと、今日を突破口にして新たな闘いに挑戦していくことを高らかに宣言する。
 我々が40年にもわたって汗水を流し、精魂こめて守り育んできた植木団地は、園芸業を生業とする我々労働者にとってかけがえのない生産の場であり、団結して生きていくための命の源である。そしてまた、「緑の発信源」として、地域住民との交流の場、高槻市民のみならず多くの人々に潤いと明日への活力を提供する場でもある。
 その植木団地を、何の話し合いも相談もなく、ある日突然一方的に「明け渡せ」と通告してきた高槻市のどこに正義があるのか。植木団地で働き、生計を立てている労働者とその家族は、路頭に迷って死んでもかまわないという、天人共に許さざる暴挙である。
 高槻市は、われわれが「元々は同和対策事業だったから明け渡しは当然」と言い放ち、継続使用不許可決定に対して異議申し立てを行おうとした我々を庁舎の中にも入れず、玄関先の庇の下で「ここも庁舎だ」と傲然と開き直ったのである。
植木団地追い出し攻撃は、高槻市行政による、高槻市に刃向う部落民の団結は絶対解体するというむき出しの部落差別に他ならない。高槻市にひれ伏し、わずかばかりの利権を追い求めた部落解放同盟富田支部は、植木団地に分断を持ちこみ、全国水平同盟高槻支部を結成した仲間を「除名」した。
 我々は、いま現に住んでいる8家族の住宅明渡を強行した裁判所=国の責任を追及する国家賠償請求闘争という新たな住宅闘争に挑戦する戦闘宣言を発している、全国水平同盟西郡支部の仲間と固く団結し、高槻市と部落解放同盟が一体となって仕掛けた攻撃に総反撃し、北摂の地で新たな部落解放運動を発展させる決意である。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

11.30高槻・植木団地現地闘争

11・30高槻市・植木団地現地闘争に全国から総決起しよう

「1130bira.pdf」をダウンロード

1130141111__1_1024x725

1130141111__2_1024x725

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 7日 (金)

11・30植木団地闘争

 

11・30植木団地追い出し絶対反対現地闘争に結集しよう

20141102_142307_1024x576

 

招  請  状

                           高槻市富田園芸協同組合

                           植木団地労働組合

                           全国水平同盟高槻支部

 

全国の闘う労働者・労働組合の皆様、闘う仲間の皆様。

 昨年11月29日、高槻市が高槻市富田園芸協同組合に対して行った突然の一方的な「植木団地追い出し通告」から1年、「退去期限」とされた11月30日がいよいよ間近に迫ってきました。私たちは、植木団地現地において「追い出し絶対反対」の集会とデモ行進でこの日を迎え討つことにいたしました。

 私たちは、「更地化、民営化絶対反対」「住宅明渡絶対反対」の西郡・八尾北の闘いに触れ、合流した真夏の8月から3カ月、全国水平同盟高槻支部、植木団地労働組合を結成し、全力で「植木団地追い出し絶対反対」を闘ってきました。去る10月20日には、闘う仲間と力を合わせ、高槻市に抗議をたたきつけましたが、これまでの尊大で、横暴にふるまっていた高槻市の本性が、実は嘘と脅しのこけおどしにすぎないことを暴きました。

 高槻市よ。植木団地の労働者が、むざむざと脅しに屈服すると思ったら大間違いだ。

私たちは絶対に植木団地から退去しません。

「植木団地追い出し絶対反対」の闘いは正義であり、労働者の団結を強化し、拡大すれば絶対勝利できるという確信を日々強めています。また、国鉄1047名解雇撤回闘争をはじめとする全国の仲間たちが不屈に闘い続けている「すべてを奪い返そう!生きさせろ!」の闘いと一つだと実感しています。

植木団地の闘いとその勝利は、ひとり植木団地の労働者のためだけでなく、全国6000万労働者の未来を切り開く闘いでもあると確信しています。「退去期限」である11月30日に開催する、「植木団地追い出し絶対反対」現地闘争に全国から駆けつけ、私たちと固く団結して共に闘いぬいていただくことを心より訴えます。

2014年11月


11・30植木団地追い出し絶対反対現地闘争

      ★ と き 11月30日(日)午後1時~
★ ところ 植木団地
(高槻市川添1丁目。JR高槻駅もしくは阪急高槻市駅から、高      槻市営バス「富田団地」行きで「富田団地中央」下車、徒歩5分。駐車場有)
★ 主 催 高槻市富田園芸協同組合・植木団地労働組合・全国水平同盟高槻支部
★ 連絡先 高槻市富田園芸協同組合(高槻市川添1-18-1 TEL 072-693-0056 FAX 072-693-0058

「shouseijpou.pdf」をダウンロード

__1_725x1024

| | コメント (0) | トラックバック (0)