反戦闘争

2016年12月11日 (日)

12月12日京大集会

12.12京大大集会に集まろう

1212

__1

__2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 8日 (土)

10・9三里塚集会

10・9三里塚に総結集し、朝鮮侵略戦争阻止!「始まる前に戦争を止める火柱を上げよう

最高裁の強制収用を許さない! 第3滑走路粉砕! 安倍政権打倒!
10・9三里塚全国総決起集会

 10月9日(日)正午 成田市東峰・反対同盟員の畑
 主催 三里塚芝山連合空港反対同盟

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 2日 (日)

10・3京大集会

4学生への処分撤回せよ

10月3日京大集会・時計台前に集まろう

全国水平同盟は京大当局による反戦ゼネストを口実とした4学生の処分に断固反対です!京大当局は4学生への処分を直ちに撤回せよ!
京大全学自治会同学会中央執行委員会の闘いを断固支持し、京大集会に全力で決起しよう。

ビラは下のアドレスをクリックして全学連ホームページに飛んでダウンロードして下さい

http://www.zengakuren.jp/wp/?p=8656

103__1_725x1024

103__2_724x1024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月10日 (水)

改憲阻止!8・14大集会

今こそストライキと国際連帯で改憲阻止の大運動を
――国益と排外に憲法は屈するのか――
改憲阻止8・14大集会

 

8月14日(日)正午開場
 午後1時開会
 ニッショーホール(東京都港区虎ノ門2-9-16日本消防会館2F)

●記念講演 鈴木達夫弁護士
 「改憲と戦争に絶対反対」
●特別報告 民主労総ソウル地域本部
●呼びかけ人から 西川重則さん(平和遺族会全国連絡会代表)
 「戦争は国会から始まる―国会傍聴17年」
●コント 松元ヒロ「われら99%≫国会3分の2」
●発言 福島・沖縄から/労働組合から/学生、その他
●ビデオ「激動する世界・ドキュメント参院選」
 共催 許すな改憲!大行動/8・15労働者・市民のつどい実行委員会共催 許すな改憲!大行動/8・15労働者・市民のつどい実行委員会

(アピールを掲載します)

憲法改悪と戦争に反対するみなさまの行動に、心から敬意を表します。
 来る8月14日(日)、「許すな改憲!大行動」と「8・15実行委員会」の共催で、「今こそストライキと国際連帯で改憲阻止の大運動を」と題する集会を開催します。会場は、東京・虎ノ門のニッショーホール(12時開場、13時開会)です。みなさまの賛同と参加をお願いします。
 許すな改憲!大行動は2014年8月17日に結成集会を行い、15年7月5日には「改憲・戦争・原発・貧困の安倍をともに倒そう」を掲げて集会を行いました。14年は、集団的自衛権行使の7・1閣議決定を弾劾する集会として、15年は、戦争法反対の国会行動が闘われる最中、安倍の「戦後70年談話」を打ち砕く集会として、ともに大きな成功をかちとりました。
 8・15実行委員会は、戦後50年の1995年以来、毎年、「憲法は国益と排外に屈するのか」をテーマに「8・15集会」を重ねてきました。この2団体が呼びかける今年の集会は、安倍政権の改憲攻撃との本格的な対決を宣言する大きな意義をもつ集会となります。
 先の参議院選挙では、許すな改憲!大行動の代表呼びかけ人の一人である鈴木たつお弁護士が立候補し、改憲・戦争絶対反対の16187票を獲得しました。鈴木弁護士が訴えたことは、議会選挙の枠をも超えた社会の根底的な変革----「資本主義はもう終わりだ! 労働者の団結した力で革命をやろう」ということでした。「改憲勢力3分の2」情勢は、何ら絶望的状況ではありません。沖縄・福島(現職閣僚の落選)、鹿児島(県知事選で自公推薦候補の落選)のように、重大な対決点で安倍・自民党は敗北しています。
 安倍は、自らの任期(18年9月)のうちに、あるいは任期を延ばしてでも、改憲―9条破棄を狙っています。いよいよ本格的な改憲阻止の闘いにうって出るときが来ました。
 改憲・戦争をとめる力は、ストライキと国際連帯です。ストライキ・ゼネスト、巨大なデモと暴動が世界を覆っています。私たちは、動労千葉(国鉄千葉動力車労働組合)を先頭とする日本の闘う労働組合と、韓国・パククネ政権の労働破壊(労働法制解体と労働運動弾圧)にゼネストで対決する民主労総との国際連帯を、本集会でさらに大きく発展させます。朝鮮半島をめぐる戦争が切迫する今、きわめて重要な意義をもつ集会です。
 みんなの力で8・14集会を成功させ、安倍を倒しましょう。
 2016年7月15日

改憲・戦争・原発・首切り許さない大行動(許すな改憲!大行動)
戦後50年を問う労働者・市民の集い全国統一実行委員会(8・15実行委員会)

【呼びかけ人】西川重則(平和遺族会全国連絡会代表)/葉山岳夫(弁護士)/高山俊吉(弁護士、憲法と人権の日弁連をめざす会代表)/鈴木たつお(弁護士)/杉井吉彦(国分寺本町クリニック、ふくしま共同診療所医師)/吉本伸幸(東京西部ユニオン委員長、鈴木コンクリート分会書記長)/椎名千恵子(3・11反原発福島行動実行委員会)/斎藤郁真(全学連委員長)

Img_0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 4日 (木)

7・24関西空港反対闘争

7・24関空反対全国闘争 今こそ32年間の関空闘争の真価を発揮するとき! 動労水戸迎え135人で成功

P7240576_480x360

7月24日、大阪府泉佐野市の末広公園で「戦争反対!改憲と労組破壊の安倍打倒!関空の軍事使用反対!」関西空港反対全国集会を行いました。地元40人をはじめ135名が結集し、ビラを見た近所の婦人が「子や孫を戦争に行かせたくない、戦争だけは絶対にダメ」と参加されました。
 司会は関西新空港絶対反対泉州住民の会の小林順子さんと中山綾子さん。冒頭、「沖縄高江での工事再開強行弾劾! 安倍政権を許さないぞ! 沖縄と連帯して闘うぞ!」のシュプレヒコールで集会が始まりました。

 関西労組交流センターの深町加代子代表が「32年間の関空反対闘争は、戦争が切迫するこの日のために闘ってきた。世界中の労働者民衆がもうがまんできないと立ち上がっている。乳飲み子を抱えた女性も立ち上がっている。絶対反対で団結し、労働組合の闘いを軸に全民衆総決起で闘えば、戦争を止め、社会のすべてを奪い返すことはできる」と力強く主催者あいさつを行いました。

P7240581_480x360

 動労水戸の国分勝之副委員長と全国水平同盟の久原正子委員長、婦人民主クラブ全国協議会関西ブロックの山本美知子代表、8・6ヒロシマ大行動実行委員会の中島健さんが連帯のあいさつを行いました。
 国分副委員長は、「戦争は絶対許してはいけない。動労水戸も結成30年、軍事空港化を止めてきた関空闘争と同じくらい闘ってきた。政府のごまかしの極致がフクシマだ。7月12日動労水戸は17人のストライキで常磐線原ノ町―小高運行再開反対を闘った。小高では動労福島の闘いがセレモニーを直撃した。住民に帰還と被曝を強制することは許せない。フランスの労働者は実際原発を止めている。動かすのも止めるのも労働者だ。ともに闘おう」とあいさつ。

P7240610_480x360

 森田恒一・前泉州住民の会代表、三里塚芝山連合空港反対同盟、動労千葉などからのメッセージが紹介され、泉州住民の会代表の国賀祥司泉佐野市議が基調報告を行いました。
 国賀さんは「今日の集会には特別の思いがある」と、32年前、市が集会場を貸さないという妨害をうちやぶって、野出の浜で関空反対集会をはじめたことを振り返り、「毎年現地で闘争をやり、米軍や自衛隊が軍事使用するたび抗議闘

P7240638_480x360

争をやり止めてきた。三里塚闘争とともに、偉大な反戦闘争の地平をつくってきた。今の情勢でこそ関空闘争が反戦闘争の拠点として真価を発揮する時だ」「作戦計画5015は関空や成田空港の定期便を止め、軍事使用することを不可欠にしている。自治体労働者が水の供給など真っ先に動員され、関空労働者が運送、荷役などに動員される。これに反対して自治体労働者、関空労働者が戦争に協力しなければ、戦争も軍事使用もできない。兵士も労働者、労働者こそ反戦闘争の主体だ! 労働組合が団結して闘えば戦争は阻止できる。沖縄、三里塚、福島、動労千葉、韓国・民主労総、世界の労働者と団結して闘おう!」と訴えました。
 泉州住民の会役員の井上敏幸さん、塩満留夫さん、奈良市従業員労働組合、八尾北医療センター労働組合、関西合同労組泉州支部とS工機分会、全学連が決意表明に立ち、泉州労組交流センター・黒瀬博匡代表が閉会あいさつを行いました。
 井上さんは「橋下が関空をオスプレイの基地にと言い出した時抗議に行き止めた。沖縄高江反対住民への政府の暴挙は許さない。改憲、戦争を止めよう」。
奈良市従業員労働組合は「激しい労組解散攻撃のなかで、正規と非正規の団結をつくりだし、下水道の民間委託を止めてきた。新自由主義はウソとだましと脅ししかない。労組が絶対反対で団結して闘えば粉砕できる。ストライキで闘う労働組合に変えるため26日集会とデモを行う、結集を」。
八尾北医療センター労組は「政府の医療制度改悪で、保険がない、低所得の人が病気を重症化させ悔しい思いで死んでいっている。病気になった人を待っ

P7240687_480x360

てる医療ではなく、予防医療、患者も医療者も対等に団結の力で命と健康を守る拠点として、来るべき社会の準備としてたたかう」。
関西合同労組泉州支部は「私たちには勝利の方針がある。労働者には力がある。ゼネストと国際連帯で闘おう」、ともに登壇したS工機分会長は、大幅賃下げ、パワハラ自殺への怒りから組合を結成し、前進を勝ち取っている報告を行い、「労働法制改悪阻止、堺から世界へゼネストと革命、労働者の勝利を信じともに闘う」。
全学連は「京都大学での4学生への無期停学処分と徹底的に闘い、第二波反戦バリストを必ず実現する」と意気軒高と決意表明しました。

P7240748_480x360

P7240750_480x360

 関空の見えるりんくうタウンまで、太鼓に合わせて元気よくデモ行進しました。沿道や団地、マンションから多くの住民がデモに注目し声援を送ってくれました。(泉州地区委員会・M)  (記事は「前進」ブログより転載)

P7240776_640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 2日 (火)

8・6ヒロシマ-8・9ナガサキ行動

8・6ヒロシマ-8・9ナガサキ行動に総決起しよう

8・6ヒロシマ大行動
◎ヒロシマ―沖縄―福島の怒りをひとつに
 労働者のゼネストで原発・基地・戦争なくそう!
◎国際連帯で朝鮮戦争・核戦争阻止!
◎改憲・戦争・核武装の安倍を倒そう!


被爆71周年8・6ヒロシマ大行動


■8月5日(金)関連行事
 広島市東区民文化センター(東区東蟹屋町10―31)
 午後1時〜3時 産別交流集会(正午開場。教労集会は12時30分開始)
 午後4時〜6時 青年労働者交流集会/避難・保養・医療交流会 
 午後6時 全国学生交流集会 

■8月6日(土)

8・6アピール集会
 午前7時30分 原爆ドーム前
 原爆投下時刻8時15分 黙祷後、デモ(元安橋→中電前)


8・6ヒロシマ大行動集会

 午後0時30分 広島県立総合体育館小アリーナ 
 ヒロシマとナガサキの被爆者、被爆2世/韓国・テグから城西(ソンソ)工団労組
 福島と沖縄から/被曝労働拒否を闘う労働組合から/広島の労働者、学生から ほか


改憲・戦争・核武装阻止! 8・6ヒロシマ大行進

 午後3時  (午後4時30分 原爆資料館前解散予定)
 主催 被爆71周年8・6ヒロシマ大行動実行委員会


8・9長崎闘争


■8月8日(月)

改憲阻止! 核廃絶! 安倍政権を倒そう!


長崎デモ

 午後2時45分 湊公園集合 (路面電車・築町駅下車、中華街よこ)
 午後3時15分 デモ出発 午後4時解散
鉄橋街頭宣伝
 午後5時より(路面電車・西浜町駅近く)

■8月9日(火)

改憲阻止! 核廃絶! 安倍政権徹底弾劾!

被爆71周年長崎デモ 
 城栄公園
 午前9時45分集会開始 10時15分デモ出発 11時2分黙祷
被爆71周年 川内原発止めろ! 核廃絶! 安倍政権打倒!

8・9長崎集会
 午後1時30分 長崎市勤労福祉会館講堂
 主催 NAZENナガサキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月30日 (月)

オバマ広島訪問反対!

サミット反対!オバマ広島訪問反対!

以下に5月25日に京都で闘われたサミット反対闘争と、オバマ広島訪問反対で先頭に立って闘った徳島星野文昭さんを救う会から送られてきた写真と「8・6広島実行委」のオバマ広島訪問反対の声明を掲載します。

<5.25サミット反対闘争・京都>

P5250022_640x480


P5250091_640x480

西郡支部、八尾北労組もサミット粉砕京都デモに決起しました。労働者市民が大注目した中でのデモでした。

P5250072_640x480


P5250099_640x480

<広島>

8・6ヒロシマ大行動実行委員会の声明
5・27オバマ訪問に際し訴えます

 私たちは本日行われようとしている、米大統領・オバマの広島訪問に対して、絶対反対の意思を明らかにします。
 第一に、オバマは「核なき世界」などと言っているが、7000発もの核を持ち続け、その核兵器の近代化(小型化、高性能化)のために30年間で1兆ドル(100兆円以上)を費やす計画を支持しています。オバマは「(核を持つ国がある限り)アメリカは、敵国を抑止するために安全でしっかりした、効果的な(核ミサイルの)保有量を維持する」(プラハ演説)と言っているのです。そしてオバマは、このことを、「核には絶対反対」と闘ってきたヒロシマ・ナガサキの被爆者らに認めさせようとしているのです。私たちは絶対に認めません!
 第二に、いま現在、激しい空爆と侵略戦争をやっている者こそオバマだということです。
 オバマがヒロシマで「核なき世界」「戦争は罪なき市民に苦しみを与える」などと欺瞞に満ちた言葉を並べ、それをマスコミが賞賛している間にも、中東・シリア・イラクでは子どもと母親らを含む多くの市民が、オバマの命令を受けたアメリカ軍の戦闘機や無人機のミサイルや爆弾によって殺されているのです。
 朝鮮半島をめぐっては、かつてない規模の米韓合同演習や、戦争法を施行した日本を含む米日韓の「軍事同盟」強化によって朝鮮侵略戦争が切迫する事態になっています。2月24日、在韓米軍司令官は米下院軍事委員会聴聞会で「朝鮮半島で衝突が起きれば、第2次世界大戦に匹敵する事態になる」と述べています。最高司令官・オバマの下で米軍は、ヒロシマ・ナガサキをはるかに超える朝鮮戦争=核戦争の計画を練り上げ、実行しようとしているのです。
 第三に、こうした東アジア支配をめぐる新たな朝鮮戦争=核戦争の出撃拠点として、沖縄米軍基地を強化し続けようとしているのがオバマだということです。
 基地があるゆえにまたも繰り返された残虐きわまりない女性暴行殺害事件に対して、沖縄では「全基地を撤去せよ!」の怒りが爆発しています。しかしオバマは日米首脳会談で「謝罪」は拒否し、圧倒的多数の沖縄県民が反対する辺野古への基地建設をあくまで推進すると言い放っているのです。そしてオバマは本日、沖縄海兵隊と一体の岩国基地に降り立ち、そこで朝鮮侵略戦争の最前線部隊である岩国の海兵隊航空部隊を最高司令官として「激励」して、広島にやってくるのです。ヒロシマ・ナガサキとならぶ戦争の惨禍を強制され、戦後も戦争=核戦争のための巨大な米軍基地が置かれ続け、爆音、事件・事故の脅威に日々さらされている沖縄。この沖縄の「すべての基地をなくせ! 戦争絶対反対!」の叫びは、「ヒロシマ・ナガサキを繰り返すな!」の叫びと一つだったのではありませんか。 沖縄と共にヒロシマからオバマに怒りの声を上げる時です。
 第四に、オバマに同行する安倍とともに、こともあろうに「ヒロシマ」を「日米同盟強化のシンボル」にすることは断じて許されません! 朝鮮・中国・アジアへの侵略戦争を居直る安倍、20万人以上の市民を無差別に虐殺した原爆投下への謝罪を拒否するオバマが、新たな戦争=核戦争のための日米軍事同盟を強化を確認し、そこに被爆者を「立ち会わせる」! このどす黒いもくろみこそオバマ・安倍の広島訪問の最大の目的なのです!
 核と戦争をなくすのは、核と戦争を必要とする「1%」の利益を守るオバマや安倍のような支配権力者ではない。核で対抗する北朝鮮や中国の支配者でもない。全世界99%の労働者民衆の団結です。国際連帯です。私たちはヒロシマの怒りをもってデモに立ちあがります。

2016年5月27日 原爆ドーム前にて
8・6ヒロシマ大行動実行委員会

徳島星野救援会、仙田からのメールと写真を転載します

「オバマ広島訪問に絶対反対。沖縄の事件への怒りと一体でデモしました。星野闘争の原点の1つでもある被爆地ヒロシマ。核戦争の司令官が、次の核戦争のためにくる。総翼賛状態。絶対みとめられません。」

Dsc_2482_360x640

Dsc_2486_360x640

Dsc_2492_360x640

「前進」速報版より写真を転載。「前進」に5・26広島現地闘争の記事がのっています(クリックすると「前進」に飛びます)

S20160527c1_800x501

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月26日 (木)

オバマ広島訪問阻止

5・26オバマ広島訪問を阻止しよう

3__1_730x1024

3__2_730x1024

3__2_730x1024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月25日 (水)

5・25サミット粉砕デモ

5・25サミット粉砕デモに決起しよう

5月25日午後7時 三条大橋西詰南側の河原

京大全学自治会同学会のブログよりチラシの趣旨とチラシを掲載します

戦争反対!学生運動!職場・大学を取り戻せ!!

5月26~27日、日本の伊勢志摩でG7サミットが開催されます。私たち京都大学全学自治会同学会中央執行委員会は労働運動・学生運動の弾圧と戦争のためのサミット開催に反対します。サミット前夜の5月25日、京都市内河原町通のデモへ皆さんの結集を呼びかけます。

●戦争反対! 安倍政権の戦争とめよう
 サミットに参加するアメリカ、フランス、イギリス、カナダの政府は中東・シリアへの空爆作戦に参戦しています。ドイツの政府は戦場に武器や戦闘機を供与し、軍隊も派兵しています。イタリア、そして日本の安倍政権も有志連合の加盟国として戦争に加担しています。そして、中東の街を破壊し、多くの人々の命を奪っています。
 戦争は中東・シリアの豊富な天然資源の支配権をめぐって、一部の人間の利益のために継続されています。戦場に派遣されたり、殺されたりしているのは私たちと同じ世代の若者も含む、戦争によって決して利益を得ることの無い人たちです。

 サミットでは中東とウクライナに加えて、北朝鮮の情勢についても扱うとされています。彼らの次なる攻撃先は朝鮮半島を焦点とする東アジア全域に向いているのです。集団的自衛権を容認する安保法制を強行可決・施行させ、7月選挙を経て改憲を狙う安倍政権がその中心にいます。
 G7はいますぐシリアへの空爆、侵略をやめよ! 安倍政権の朝鮮侵略戦争を止めよう! 反戦の思いを同じくするすべての人はデモに行きましょう!

●国際連帯! 海外で闘う仲間との団結にかけて
 フランスでは全国120万人を動員する大規模なストライキが決行され、暴動が続いています。学生は大学にバリケードを張って、街に飛び出しました。韓国でも立て続けにゼネラル・ストライキ(社会全体でのストライキ)が闘われ、先の総選挙ではパク・クネ政権のセヌリ党を議会少数派に追いやりました。アメリカはシカゴでも教職員組合がストライキに立ちました。

 みんな、各国の政府の進める労働法制の改悪や、職場の賃下げ・解雇に怒っているのです。日本も他人ごとではありません。
 2013年、2015年にそれぞれ改悪された労働契約法と労働者派遣法によって発生する2018年の一斉解雇(雇い止め)問題。これに向かって、すでに多くの労働者の雇用を不安定にし、職場の団結をばらばらにし始めています。そして、安倍政権が改憲で最初に創設を狙う「緊急事態条項」では、「社会秩序の混乱」があれば内閣が勝手に法律をつくったり変えたりできるとされています。
 フランスの仲間は中東戦争下での「非常事態宣言」を撃ち破ってストライキを闘っています。日本の労働者のみなさんも、サミットや「テロ」「震災」を口実とした治安強化を撃ち破り、デモに出ましょう!

●職場・大学を取り戻せ! 学生は大学から反戦行動に立とう
 私たちは昨年10月27日、大学構内で戦争反対のバリケードストライキを敢行しました。「大学は戦争反対の立場を示せ」という私たちの要求に対して、総長以下当局の回答は、ストライキを闘った仲間を刑事告訴し逮捕させ、20日間ものあいだ京都府警の留置所に勾留するというものでした。
 安倍政権と文科省の下で、大学間競争が煽られ、防衛省の予算による自衛隊の装備品に関する研究開発も公然と開始されています。京都大学も例外ではなく、いままで標榜してきた「自由の学風」を捨てて、「国際化」を合言葉に学生を単位制度で縛り付け競争させる方向へ進んでいます。
 一方的に与えられたカリキュラムをこなし、必要とされる単位を揃え、奨学金の借金を抱えて貰える卒業証書に何の意味があるでしょうか? 戦争や原発事故のような社会の悲惨を二度と起こさないためにどうするか、学生同士が真剣に考え討論し行動に出ることが、いま本当に求められている大学の姿であり学問の姿であると私たちは考えています。
 今回のデモを前後して、京都大学では学生自治会の次期執行部を選出する選挙が行われます。京都大学に、大学・学問を学生の手に取り戻すための執行部を建設します。全京都の学生はデモに立とう!

565x800_4

565x800_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)